スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍驤1942」 建造日記 7

 皆さん、大変遅くなりましたが、「新年おめでとうございます」。

 本年も我がホームページ“艦船模型を楽しもう!”および我が造船所ブログ、“建造日記”をよろしくお願いします。

 さて、正月休みが無い私は、あっという間の新春たる今月も...すでに中旬を越えていまして、公私ともに忙しかったため当造船所の船台も建造中に年越しの状態となってしまいました。

 …というところで、第三船台長の報告です。

 報告、我が「龍驤1942」は、艦体建造が終了しました。後は...苦手な艦載機製作です。

003_ryuuzyou1942_16.jpg

003_ryuuzyou1942_17.jpg

 飛行甲板白線の再現
 前回の作業報告より、引く続き行っていたものですが、キットの取説指示ではデカールの番号表示が間違っているようで、作業を混乱させました。しかも、付属デカールでは、艦首側の左右実線部分が白線のデカールも用意されているので、ますます作業を混乱させます。

 エレベータ上の白線の再現
 前部エレベータ上の白線は、取説では表記されているのにデカールが用意されていません。仕方なく、余剰の破線デカールを使い再現しました。また、後部エレベーター上も白線が無いことになっていますが、余剰デカールを使い再現しました。


 機銃、高角砲の装備
 四連装の13粍機銃はキットオリジナルです。形状は少し疑問もありますが、大きさ的にはOKです。シリーズの旧キットとなるフジミ製の旧キット「龍驤」では、この13粍機銃がすべて25粍機銃として再現されていました。13粍四連装機銃は大戦中に装備していた艦艇として空母「龍驤」くらいかな?と思います。軽巡が艦橋前に装備していたのは知っていますが、これも順次25粍機銃に換装されているようです。
 高角砲は、シリーズ共通のリニューアルパーツと言われる艦船装備品のランナーから調達。キット指示どおりの製作ですが、砲身の太さはそこそこシャープなので見栄えします。形状は現在のレベルに届かない感じですが...。

 
第一次改装によって高角砲を25粍連装機銃に換装した場所が左右舷一か所ずつあるのですが、25粍連装機銃はハセガワの天龍型軽巡の新キットの余剰パーツを流用しました。流石に新開発パーツなので、形状的にも実物に近く、シャープなものです。ここの部分だけ多少雰囲気を壊してしまいますが、個人的にこの機銃はお気に入りなので使用しました。

 艦載艇の装備
 通船以外はシリーズのリニューアルパーツを使用。通船はキットオリジナルで出来栄えは可でもなく不可でもなくといったところです。右舷の艦首側カッターはダビットに吊るすタイプを取り付けるよう指示していますが、特にダビットが再現されているわけでもないため、床置きタイプのものと交換しました。
 本来、このカッターは左舷も同様ですが、高角砲甲板から伸びるダビットで吊るされている状態が正解のようです。今回はキットでは省略されているため、床置きとしました。


 
無線塔の装備
 無線マストは、左舷前部のもの以外棒状マストです。キットでも少し太い成型ですが、シンプルなマストを用意しています。問題は、左舷前部のトラス状のマスト。キットでは変な分割のパーツで三脚状の再現となり、少し不満でした。トラス構造は再現できなくても、外観上の形状は再現してほしかった...。


艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 6

皆さん、こんばんは。

 今年もあと僅かになってしまいました...。1/700艦船模型の世界も成熟し、ゲーム“艦これ”の影響で超マイナー艦もプラキット化される時代を迎えています。しかも、中国メーカーの躍進に拍車がかかり、値段は高くなっていますが...技術的には進歩したキットも市場に多く出回り、ユーザー側が色々と選べる環境である今の状態は、なんだか不思議な気さえします。

 …ただ...、残念なのは私個人的な気力と体力の衰えにより、沢山発売されるキットを製作できないこと。気ばかり焦りますが、こればっかりは仕方ないので、ゆっくりと在庫消化する所存です。十年前にこの市場だったら、もっと楽しめたのになぁ~と思ってしまいます。

 …さて、久しぶりに第三船台長の報告です。

 報告、我が船台の「龍驤1942」は、飛行甲板のデカール貼りを実施中。結構苦戦中です。

003_ryuuzyou1942_13.jpg
 飛行甲板に白線のデカール貼りを実施中。以前作業したハセガワの「赤城」ではかなりの白線が一体化した大判のデカール仕様で、作業は簡易だったのですが、作業後のシンバリが目立って不満でした。

 アオシマの「龍驤」では、昔ながらの小分けの白線デカールにより、作業後の見栄え重視を選んだものとなっていますが、これはこれで、作業が結構難しいのがネックとなります。白線を真っすぐに貼るのは難しいのです。

003_ryuuzyou1942_14.jpg
 今回の作例では、前部エレベーターは下げ状態としキットの格納庫再現をアピールする形としています。この形状とするとエレベーター側面が目立つのですが、この側面を当初軍艦色としていたところ、空母「龍鳳」の実艦写真にてエレベーター部分も白色?塗装のように感じる写真を見たため、急遽白色で再塗装しました。この作業は結構大変でしたが、なんとかうまく仕上がりました。

 前部飛行甲板の白線デカールは未作業部分があります。エレベーター部分のデカールはキットの説明書では指示が抜けており、また、そのあとに続くデカールの指示表示にも間違いがあって、作業を混乱させます。この部分は説明書の修正をしてほしいですね。

003_ryuuzyou1942_15.jpg
↑ 後部飛行甲板デカールはキット指示どおり作業を終了させましたが、後部エレベーター上に白線がないのは個人的にはおかしいと思います。本当はどうなんでしょうか?

また、着艦制動索上に白線があるのはおかしいので、デカールを切り除く作業をこれから行います。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「早波1943」建造日記 05

皆さん、こんにちは。

 やっと冬晴れが続くようになりました。本来の冬季、到来です。さて、本日も第一船台長の報告です。

 …報告、我が「早波1943」、無事に竣工しました。 …と思ったら、撮影時に艦橋側面の舷灯塗装を忘れていたことに気が付きました。後日、全体の艶整え塗装と共に実施予定です。

001_hayanami1943_11.jpg
 前部マストの取り付け
 旧日本海軍駆逐艦特有の複雑な三脚形状を、少ないパーツ割で見事に再現しています。パーツは中段以下の三脚部分が主柱と支柱パーツに分かれ、主柱パーツには22号電探が、支柱パーツにはトップマストまで一体成型となっています。このトップマストも実艦に沿った形状が再現されており、無線桁、信号桁、信号斜桁すべてがキチンと再現されていて嬉しい限りです。昔のキットでは中々すべてをキチンと再現したキットが無かったためです。また、信号斜桁もキチンと後方に張り出して再現されているのには感心しました。確か、アオシマの初春型も同様だったと思います。

 パーツの取り付けは簡単ですが、前部予備魚雷格納筐のパーツより先に取り付けたほうが良いでしょう。私は取り付け順序を逆にしたため、支柱が格納筐と干渉し取り付けに苦労しました。

 …欲を言えば、パーツが全体的にもう少し細ければなぁ...。

 25粍連装機銃の取り付け
⇒ 艦橋前には25粍連装機銃を取り付けます。これを装備すると旧日本海軍の駆逐艦は大戦中期から後期に活躍した姿になります。艦橋が敵機の機銃掃射を受けるため、艦橋防衛のために装備するようになりました。

 9mカッターの取り付け
 シリーズ共通の艦船装備パーツのものに比べると高さが低くなり、内部の塗り分けに苦労します。また、船体も幅広となりました。こちらの方が実船に近いのかな?

 25粍三連装機銃の取り付け
 第二煙突前には25粍三連装機銃を取り付けます。旧日本海軍の駆逐艦は、艦隊決戦思想上のプランで発展したため、対空機銃装備は極端に少なく、夕雲型においても一番艦ではこの部分に25粍連装機銃を二基装備しただけでした。戦況の変化に遅れながら対応していき、三連装機銃に換装して対空防御の強化を図っています。

 キット付属の機銃としては、個人的に満足いくレベルのもので、大きさと形状においても大変気に入っています。

 なお、キットではさらに対空機銃強化型の姿を再現できます。第一煙突後部に専用の機銃台と三連装機銃二基を取り付けると、この「早波」の最終時の姿を再現できるパーツが付属していますが、今回はオミットしました。

001_hayanami1943_12.jpg
 ボートダビット及び7.5m内火艇の取り付け
 
ダビットは少し太めです。もう少し細くしてほしいですが、気になるのならばエッチングや別売りの装備品パーツを使用してくださいとのことだと思います。内火艇はキャンバス部分が別パーツとなっていて、以前の艦船装備バーツより進化しています。

 後部マストの取り付け
 
やはり、マストが少し太過ぎる感があります。マストの固定向きに注意が必要です。

 パラベーンの取り付け
 
キットの取り付けは立体感を出すような取り付け方となっていますが、実艦で収納状態を再現するのであれば、パラベーン本体が甲板上に接しているのが正解のようです。

 艦尾旗竿と軍艦旗の取り付け
 艦尾旗竿は少し太過ぎますが、強度的な問題から仕方ないのでしょう。このキットは、「気になる人は積極的に追加工作により見栄えを良くしてください」と言ってるような気がします。個人的にはあえてキットパーツを使いましたが、より細いプラ棒か真鍮線に交換するほうが良いと思います。

001_hayanami1943_13.jpg

・艦名デカールの貼付
 艦名デカールは、舷側中央部と艦尾のものを使用しました。舷側中央の艦名は、大戦中に竣工した艦のほとんどに施されていなかったものと考えられますが、1/700の駆逐艦を素組みでコレクションする醍醐味は、やはり多数の同型艦を取りそろえることが目的となるため、一つ一つの艦に個性を持たせるためにも艦名表記が有効となります。 「早波」も大戦中の竣工艦だったことから艦名表記がなかったものと推測されますが、個人的好みにより再現しました。

 デカールが用意されていることには大変感謝するのですが、キットの説明書にはデカールの貼り付け位置が明記されていないため、作業に戸惑いました。作例では、特型駆逐艦を手本に位置決めしたのですが、陽炎型以降の新鋭駆逐艦では、もう少し艦首よりに貼るべきだったようですね...。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「早波1943」建造日記 04

皆さん、こんにちは。 

 今年は寒い日が多いですね...。曇りがちな日も多いかも...。すっきりしないな...。

 さて、第一船台長の報告です。

 報告、我が「早波」は、艦体艤装に邁進中です。

001_hayanami1943_09.jpg
 後部魚雷のスキッド・ビーム取り付け
 前回は前部魚雷のパーツ取り付けについて話しをしましたが、後部パーツは水平パーツと垂直パーツそれぞれが別々となっていて、ピットロードのキットと同じような分割となっています。

 但し、前部のスキッド・ビームと同じ高さですが、実艦では前部の方が高さがあるようです。魚雷発射管と予備魚雷格納筐の高さを比べてみるとわかりやすいですね。これらも前部のほうが高くなっています。今回、特に修正はしていません。

001_hayanami1943_10.jpg
 後部兵員室天蓋のダクト類取り付け
 ヤマシタホビーのキットの影響でしょうか?立体的に表すため、別パーツとなっています。かなり高さがある構造物なので、別パーツ化は仕方がないでしょう。

 12.7糎連装砲取り付け
 スライド金型を使って側面にもモールドを入れており、最新キットらしい仕上がりです。欲張れば、もう少し砲身を細くしてもらいたかったかな...。

 連装砲は一体式のパーツですが、砲身間のキャンバスと砲塔の塗り分けが非常に難しくなっています。別々の取り付けの方が塗装面では良かったかな?

 夕雲型駆逐艦は、旧日本海軍の艦隊型駆逐艦で最新鋭艦にも関わらず、対空兵装が前級の陽炎型や朝潮型の対空兵装強化型に比べて貧弱でした。搭載の12.7糎D型主砲は、高角射撃可能でも砲身の仰角が高くなるだけで砲の基本性能は平射砲のままだったため、有効的な対空射撃ができなかったことを考えると、大戦中期以降の竣工艦から計画変更して後部二番砲塔を撤去して迅速に機銃増備するべきだったものと考えます。

 まっ、個人的には後部砲塔の背負い式の姿はカッコいいので、好きなのですがねぇ...。

 掃海器具および爆雷兵器の取り付け
 爆雷装填台や94式爆雷投射機、掃海具用捲揚機も別々のパーツとなり、立体感が良く出ています。


艦船ランキング

続きを読む

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「早波1943」建造日記 03

皆さん、こんばんは。

 だいぶ、寒くなりましたね~。さて、第一船台長の報告です。

 報告、我が「早波」は、艦体上部構造物の取り付けを実施中。夕雲型駆逐艦の建造は、ピットロードのキットが発売して以来なので、かれこれ10年以上は経っているかも...。

001_hayanami1943_05.jpg
 艦体は、ピットロードのキットで欠点だった全長の長さ不足も解消され、艦尾形状も末広がりとなっていて流石に最新キットです。流行りの舷側窓上の庇もモールドされていますが、同時期に発売されたタミヤの「島風」と比べると舷側の鋼板繋ぎ目のモールドは再現されていません。個人的には全く気にならないのですが、こだわる人からすると物足らないかな?

 舷外消磁電路もキチンとモールドされています。夕雲型はネームシップの「夕雲」が1941年12月5日の竣工で開戦直前ということで、すべての艦が電路を装備していると考えられるので、初めから装備するのがベストかも。しかし、個々の艦で電路の装備形状は違いがある可能性があり、こだわるのなら修正が必要かな?…もっとも、個別の艦容を伝える写真がほとんど存在しないので、こだわることができないか??

001_hayanami1943_06.jpg
 艦首のフェアリーダーの取り付け
 驚くことに、別パーツになっています。立体的で映えるので、個人的には好印象でした。人によっては象徴しすぎと言われる人もいるかも...。ピットロードのキットよりは実艦に近い形状となっています。

 艦橋前の機銃座取り付け
 敵航空機から艦橋を守るために大戦中期以降機銃が装備されています。特型などの古参艦では当初13㎜連装機銃だったようですが、新鋭の夕雲型は最初から25㎜連装機銃の装備のようですね。

 信号所甲板の塗装
 説明書指示だと、信号所甲板はリノリウムでは無く、鉄張りのようで、前マスト中段の探照燈管制機周りのみリノリウムとなっていますが、個人的には艦橋から続くこの部分はすべてリノリウム貼りと考えて塗装しました。

 94式方位盤と99式3m高角測距儀の取り付け
 さすがに最新のキットだけあり、方位盤と測距艤は別パーツとなっていて、ピットロードのキットと同じようなパーツ割になりました。

 第一煙突の取り付け
 煙突頂部の雨除け格子のモールドは、繊細で縮尺重視のハセガワらしいのですが、格子のモールドはもう少しメリハリがあると良い感じがします。ハセガワの煙突頂部表現は個人的にあまり好きではありません。

 第一缶室通風塔の取り付け
 旧キットでは再現されていなかったもので、流石に新キットではキチンと再現されています。

 電探室取り付け
 竣工が中期の夕雲型駆逐艦の特長の一つです。前部マストに22号電探を装備した関係から、マスト下部に電探室を増設した形状を的確に再現しています。

 前部予備魚雷格納筐用スキッドビームの取り付け
 第一魚雷発射管用の予備魚雷格納筐に魚雷を装備するためのものですが、水平部分は煙突と一体成型で垂直部分が別パーツになっています。このパーツ割、取り付けの際に歪が大きく影響するので、あまり好ましいとは思えませんでした。

001_hayanami1943_07.jpg
 前部魚雷格納筐の取り付け
 第一魚雷発射管用の予備魚雷格納筐は別パーツとなっています。モールドはしっかりと表現されており、好印象です。前型の陽炎型より防御の観点から、予備魚雷格納筐が第一魚雷発射管の後方から前方へ変更となりました。後方にある朝潮型の方が魚雷装填が早いのですが、この配置だと艦として最も重要な艦体中央部に魚雷が直線上に並ぶ形状となり、少しでも魚雷の誘爆時に艦の損傷危険度を下げるための処置です。

 第一魚雷発射管の取り付け
 第一魚雷発射管のパーツは一体成型です。私はこの方式は個人的に絶賛します。パーツは最近のキットらしく、側面モールドもスライド金型によって再現されています。

 第二煙突の取り付け
 小煙突は別パーツ。ピットロードのキットと同じ部品割りとなりました。この小煙突、取説の三面図とにらめっこし、艦体側面と排煙口が平行するように取り付けるようになっています。実艦ではどうなのかな?

 後部操舵所取り付け
 後部操舵所も別パーツでしっかりと再現しています。

 後部兵員室取り付け
 後部兵員室と第二魚雷発射管用の予備魚雷格納筐が一体成型ですが、パーツ割はピットロードと同じ天蓋パーツと左右側面パーツの三つ割りです。この方式は、それぞれの面のモールドが詳細に再現できるメリットがありますが、パーツ同士の精度を強要するため、作り手からすると、メーカーの技量を求めることになります。

001_hayanami1943_08.jpg
 ホーサーリールの取り付け
 ここのホーサーリールは別パーツとなっていて立体的ですが、個人的には一体成型でも良かった気がします。パーツが細か過ぎるからです。

 艦尾甲板の取り付け
 ここの甲板は前期及び中期竣工艦と後期竣工艦の作り分けができるように、また前期および中期竣工艦を大戦後期仕様に改装できるように別パーツ化しています。画面では、両舷に爆雷投射台を持つ大戦中期頃までの仕様です。後期仕様は爆雷投下軌条が両舷にモールドされたものがパーツ内に付属していましたので、やはり「朝霜」の発売を予定しているように思えます。

 艦尾フェアリーダーの取り付け
 この部分もしっかりと別パーツとなっており、こだわりを感じました。…でもパーツが小さい...。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。