ハセガワ製キット「三日月」改装日記 01

第四船台長の報告です。


報告…、ネームシップの「睦月」の建造が無事に終了しましたので、僚艦「三日月」の改装工事にとりかかります。

改装工事の方針決めです。

:船体色を我が造船所規定色の舞鶴工廠グレーに変更。
:前部及び後部マストをプラ棒にて自作。
:艦尾のリノリウム甲板を鉄張りに変更。
:艦載艇の変更。
:艦橋両舷のボート甲板をリノリウムに変更。

004mikaduki_01.jpg
 艦尾甲板の変更
 
艦尾のリノリウム表現としましたが、鉄甲板が正しいです。リノリウム押さえ金具の再現は、伸ばしランナーで行っています。従って、伸ばしランナーの削り取りを行います。

 後部マストの修正
⇒ 作例ではキットパーツを使っていますが前後が逆となっています。

 マスト下部の凸凹は信号燈で、後続艦に知らせるため後ろ向きとなっています。ちなみに、マストの黒色塗装は、秋月型を除き無かったようですね。

 内火艇の修正
 作例では6mより小さいものなので間違いです。これを6mのものに修正します。

 カッターの修正
 作例では6mより小さいものなので間違いです。これを6mのものに修正します。

 舷側艦名などのデカール
⇒ 舷側の艦名。睦月型は竣工時、艦名がありませんでした。正しくは艦番号。個人的に艦名表記が好きなため、再現しています。船体の再塗装時に邪魔なため、剥ぎ取ります。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製キット「三日月」改装日記 02

引き続き、第四船台長の報告です。

報告...、「三日月」は改装工事を実施中。船体の再塗装準備のため、塗装時に障害となる部分を撤去しました。…無残な姿です。

004mikaduki_02.jpg
↑ リノリウム押さえ金具を伸ばしランナーにて再現していますが、舷側の縁いっぱいまで再現しているので、一定の幅で削除しています。この部分を船体色に塗装すると、仕上がりが引き締まります。

 第二煙突後部の方位測定機は、何故か再現されて無かったのでWLリニューアルパーツより調達しました。探照燈はキットパーツを使用していますが、気に入らないため、WLリニューアルパーツに交換する予定です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製キット「三日月」改装日記 03

皆さん、こんばんは。

 ここのところ、2,3日と妙に暖かい日々が続く千葉県北西部ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 さて、第四船台長の報告です。

 報告、我が「三日月」は船体塗装色を変えるため、エアブラシで舞鶴工廠グレーを吹きつけました。

004mikaduki_03.jpg
 魚雷発射管の復旧
 
睦月型の魚雷は、竣工時最強と言われた61式です。これを3連装2基搭載しました。魚雷発射管は竣工からしばらくの間、波避けシールドがありませんでした。後部のものは、当初艦尾方向に係止しましたが、その後のリサーチにて艦首よりに係止しました。

 艦橋構造物の復旧
 
リノリウム甲板再現のため、艦橋構造物を撤去していましたが、無事に復旧させました。

 リノリウム表現に変更
 
伸ばしランナーにて押さえ金具を再現して塗装。

 第二煙突の復旧
 
特にコメントなし。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製キット「三日月」改装日記 04

皆さん、こんばんは。

 寒くなったり…、暖かくなったり…と体調を崩しやすい気候で困っています。
我が家のベランダではムラサキツバメが越冬場所を求めてさまよっています。夕方、部屋に迷い込んで追い出すのに一苦労しました。家の鳥どもは蝶を怖がるのです。 ムラサキツバメは、元来、西日本に生息するものと考えられていましたが、温暖化の影響?でしょうか、関東では普通に見られる蝶となりました。幼虫の食樹はマテバシイなどで、千葉県では珍しくない植物です。こんな、小さな昆虫を見ても、気温の変化が判るのですね。

 さて、第四船台長の報告です。

 …報告、我が「三日月」は85%の完成でしょうか?後は前後マストの作成のみとなりました。

 本日の作業を報告いたします。

004mikaduki_04のコピー
 艦橋両舷のボート甲板に6mカッターとダビットを取り付け
 
6mカッターはWL小型艦艇用艤装パーツセットから調達。ダビットへの取り付け穴を塞ぐ作業で戸惑どりました。接着剤の添加が多すぎて仕上がりが汚くなってしまったことに不満です。
 
ダビットも武装パーツから調達しました。
 
ボート甲板はリノリウム貼りとしました。グランプリ出版の森氏の図面ではリノリウム押さえ金具が描かれていたためです。

 艦底色の塗装
 エアブラシにより塗装しました。

004mikaduki_05のコピー
 方位測定機(ループアンテナ)の撤去
 “道東工廠”でおなじみの、知苦労度さんから貴重な意見を頂きました。彼は軽巡や駆逐艦などの小型艦を中心に製作されていますが、考証的には非常にこだわりがあって、その知識を作品に反映させ、素晴らしいと思います。
 さて、竣工時の睦月型はループアンテナを搭載していないとのことなので、早速撤去です。

 通船の取り付け
 
PTの艤装パーツより調達しました。ダビットも同様です。

 内火艇の取り付け
 6m内火艇をWL小型艦艇用艤装パーツより調達しました。ダビットも同様です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製キット「三日月」改装日記 05

皆さん、こんにちは。

 相変わらず、新製品が目白押しで金欠状態な私です。先月末から今月頭にアオシマの初春型とフジミの大鳳が発売され、おまけにバンダイのヤマトまで購入予定なので貧乏です。

 さて、第四船台長の報告です。

 報告…、我が「三日月」は最終工程に入りました。

004mikaduki_06.jpg
 軍艦旗の掲揚
 艦尾に軍艦旗を掲揚しました。戦闘態勢では後部マストへ掲揚します。

004mikaduki_07.jpg
 前部および後部マストの塗装
 
マストのプラ棒による再現は強度的に問題がありますが、工作が容易なので好んでます。色塗りの際は破損に十分気をつけないといけませんね。

 艦名デカールの貼付
 
デカールはピットロードの「長月」より調達しました。画面では写っていませんが、艦首側の駆逐隊番号は少し大きい気がします。

 僚艦「睦月」の艦名デカール貼付
 別作業となりますが、先に完成していた「睦月」に艦名デカールの貼付を行いました。こちらはキット付属デカールを使いましたが、迷彩色でほとんど見えません。しかし、実艦の写真でも同様に艦名が一部しか見えない状態となっています。

 但し、このデカールは少し大きいですね‥。  

004mikaduki_08.jpg
 完成した睦月型一等駆逐艦1番艦「睦月1941」と10番艦「三日月1927」。WLシリーズ、ハセガワ製古参キットです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR