「DE-262あさひ」建造日記 1

皆さん、こんにちは。

 第一船台および第三船台の建造艦が無事に竣工しましたので、新たな艦の建造に入ります。第三船台はもともと海自の護衛艦建造用と決めていましたので、再び護衛艦製作に戻ります。

 …で、建造艦を何にしようかと迷いましたが、新キットではなく、長いことストック状態だったピットロード(PT)のスカイウェーブシリーズのスポット生産「DE-262あさひ/DE-263はつひ」にしました。このキットは大戦シリーズ(Wシリーズ)のNo.9米海軍カノン級護衛駆逐艦の派生キットで、SP-36となります。

003_DE-162asahi_00.jpg
 BOXアートは最近フジミの特シリーズでおなじみとなった高荷画伯のもの。独特の筆ムラを使い、画像に動きの表現させるすばらしいアートです。描かれているのはカノン級護衛駆逐艦。スポット生産品なので、定番品の外箱にカラーコピーの品番を貼った、いかにも手作りといった感じがするもので“PT”らしいです。アオシマなら、印刷した正規の外箱を用意するでしょうね…。

003_DE-162asahi_01.jpg
 キットが古い故か?バリが多い気がしますが、気を取り直してよくみると…開発にあたり、よく考えられたパーツ割であることに気づきます。

…カノン級と準同型艦バックレイ級、それにあさひ型の3つを発売することが初めから前提であったと感じられるパーツ割なのです。

 : 今回の要となるパーツ。米護衛駆逐艦から海自の護衛艦に変身するために必要な艦橋天蓋パーツ。

 : ディーゼル電気推進機関を搭載したカノン級の煙突。

 : 船体が同型のバックレイ級タービン推進機関の煙突。

003_DE-162asahi_02.jpg
 有り合わせ的なデカール。2隻セットですが、艦番号は1隻分しか用意されていないのが不満です。最近、新規開発されたエッチングを同封したものが再販されましたが、デカールもキチンとしたものが付属されおり旧キットのような不足分は解消されています。外箱も新しくなって、WシリーズからJシリーズへ変更されています。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「DE-262あさひ」建造日記 2

皆さん、こんにちは。

 第三船台長の報告です。 

 報告、我があさひ型護衛艦、現在、船体塗装を実施中です。

 船体は、艦底板との合せは良好で、艦首側面の大きなヒケ埋めにタミヤの光学パテを使いましたが、プラ面への食いつきがイマイチなのでヤスリがけの時にパテが剥がれてしまうハプニングがありました。あらかじめ、接着面をヤスって粗めにする必要があります。

003_DE-162asahi_04.jpg
 船体をピットロードカラーの海自船体色でエアブラシを使い塗装、続いて甲板を海自甲板色で同じくエアブラシ塗装しました。その後、喫水ラインを艶消しの黒色塗装し、中央構造物を接着して艦橋部分を仮置きしています。

 現在は細部塗装を筆塗り中。垂直面と水平面の色分け塗装は米軍のメジャー塗装と同じですが、手間がかかるので一苦労します。しかし、完成後は映えますので、ここは忍の一字で…。


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「DE-262あさひ」建造日記 3

皆さん、こんばんは。

 第三船台長の報告です。

 報告、我が船台にて建造中の護衛艦あさひ型、艦橋構造物の取り付けと船体の細部補修を実施中です。

003_DE-162asahi_05.jpg 

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「DE-262あさひ」建造日記 4

 長いこと建造作業が停滞していた第三船台ですが、ここにきて建造工程が進みました。
 第三船台長の報告です。 

 報告、建造中のあさひ型護衛艦、短艇と20㎜機銃搭載が未了ですが、そのほかはほぼ完成状態です。
003_DE-162asahi_06.jpg
 パーツ取り付けでの苦労は、救命筏の取り付けが難しかった位でしょうか?そのほかは特にありません。
 40㎜連装機銃は指揮装置と連動するので、同一方向に指向させるように取り付けます。私は当初、指揮装置のみ艦首方向に取り付けてしまい、慌てて修正しました。

 こう見ると、米艦は艦橋構造物が大きいですね。日本艦ならば、船体中央の構造物ももっと小さかったのだろうと思いました。それでも合理的配置には感服しますね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「DE-262あさひ」建造日記 5

皆さん、こんにちは。

 第三船台にて建造中だったあさひ型護衛艦が、やっと完成しました。 

 護衛艦の資料は殆ど持ち合わせていないのでキット説明書どおりのまったくの素組みです。戦闘通路の白線の再現もしていません。

 残念なのがデカール。一隻分しか用意されていないため、「はつひ」の艦首番号は以前製作した“はつゆき型護衛艦”のデカールの余りを流用しました。それでもキット付属のデカールは印刷ズレがひどくてガッカリです。「あさひ」もストックのデカールで代用したかったのですが、残念ながら番号がありませんでした。

003_DE-162asahi_07.jpg 
 「あさひ」艦番号デカール貼り
百桁の“2”のデカールと“62”のデカールは別々のものを組み合わせることで再現できるようになっていますが、“62”は印刷のズレからボケた仕上がりとなっています。ガッカリ…。
ちなみに現在発売されているものは、デカールを新たに付属しており、不具合は解消されています。

 艦名デカール貼り
こちらのデカールは問題なし。

 「はつひ」艦番号デカール貼り
キット付属のデカールは2隻分の対応ができていないため、以前製作したキットの余剰品を流用しました。キットのデカールに比べるとこちらの方がスッキリしています。
003_DE-162asahi_08.jpg 
 艦載艇の塗装と装備
特になし。

 20㎜機銃の製作と塗装、取り付け
機銃と指揮所は同一の方向へ指向させたほうが無難です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR