軽巡「能代1944」 建造日記 01

皆さん、こんにちは。 

 秋のホビーショーも開催が間近。事前情報は各社とも出揃った感じですが、今回...会場発表のサプライズはあるのでしょうか?

 さて、第二船台では空母「蒼龍」の建造がハプニングにより途中で建造中止となり、船台長を初め工員が落胆しているので、新たな命令を下しました。…では、第二船台長の報告です。 

 報告、我が船台ではフジミの新作“軽巡「能代」”の建造に取り掛かりました。

 このキット、パーツは膨大な数です。フジミの特シリーズは、元々パーツ数が多いのが当たり前なのですが、このキットは少し事情が違います。それは、1番艦「阿賀野」と2番艦「能代」の選択式となっているからなのです。しかも、「能代」では大戦後期仕様のため重武装なので、艦体パーツは別部品を揃えており2隻分あります。甲板パーツも表面は同じものが2隻分あり...なぜ?なのか、初めは解りませんでした。

能代1944_00
 BOXアートは、シリーズお馴染みの高荷画伯のもの。荒波を蹴って進む軽巡「阿賀野」を描いています。並走するのは2番艦「能代」。史実ではこんなシーンはないのですが、それはそれ...これはこれ...です。

能代1944_01
 箱の中身はこんな感じ...。 軽巡としてはものすごいパーツ数。それもそのはず...、不完全ですが2隻分のパーツがあります。こだわっているところでは、「阿賀野」が竣工時仕様のため、艦体側面の窓数が比較的多いのに対し、「能代」は最終時仕様のため窓数が少ないことをキチンと別パーツにて再現しています。
錨鎖甲板や艦尾甲板も別パーツ。それならば、別品として発売してほしいなぁ~なんて思ってしまいました。
 そうすれば、BOXアートも「能代」のものが楽しめたのになぁ~...残念。 思うに、やはりキットの売れ行きが悪いためかな?と思います。企業側も大変なんですね...。

能代1944_02
 …で、パーツを見ていて最も気になったのが艦体の甲板パーツ。このパーツ、表側のモールドはほとんど同じで、袋づめされていたときには、なぜ2枚あるのか理解できませんでした。
 説明書とパーツの裏面を見て解りました。隠し穴のモールドが違っているのです。「能代」では大戦後期仕様のために甲板上の艤装が複雑になるので、隠し穴が多いのです。画面上が「能代」用です。
 
能代1944_03
 説明書も別々のものが付属しています。ここまでするのなら...別売して欲しかったなぁ~。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 02

皆さん、こんばんは。 

 めっきり寒くなりましたねぇ~。今年は私の予想に反して寒くなるのが早いようですね...?

 さて、第二船台長の報告です。

 報告、我が船台の「能代」は、艦体の製作に入りました。艦体パーツは左右分割で、左右のパーツは複数箇所で繋ぐパーツがあります。最近のキットでは通例のことですが、これが後の作業行程に支障を与えるとは思いませんでした。

 それは、艦底パーツが艦体パーツに埋め込まれる形状のために、艦体パーツと艦底パーツの合いに微妙なズレが生じるためです。私は艦底パーツを普通に取り付けるものと思っていたため、艦体パーツのみを最初に接着してから艦底パーツをはめ込む作業を行いました。すると、艦底パーツが艦体パーツにはめ込むことが出来ない状態に陥ったのです。 これは、私の作業ミスなのですが、艦体パーツと艦底パーツを同時に接着する必要があるため、念入りな仮組みが必要なことは、言うまでもありません。

 そして、艦底パーツが艦体に埋め込まれる方式を採用したものは、艦体形状の歪みが少ないのが利点ですが、完成状態において艦底色が無いため、個人的にはどうしても締まりが無く...好みではありません。
 仕方ないので、0.5㎜プラ板にて艦底板を再現しました。
能代1944_04
 艦体パーツの形状を0.5㎜プラ板へ移してから切り出し。 最近のキットは艦体の側面モールドが詳細に施されているので、この作業も難しくなりました。

 ちなみに艦底パーツは艦体パーツの内側に落とし込む形状なのですが、艦底、艦体、艦体左右取り付けパーツの合いが悪く、建造工程を考えないと結構苦労します。私は最初に艦体左右パーツを組みましたが、その後に艦底パーツをはめ込むことができません出した。微妙に歪みを生じていたためです。これは、パーツの成形が設計どおりになっていないために生じることですが、艦体を組む際に艦底パーツも組むことをお薦めします。
能代1944_05
 甲板パーツはリノリウム色をエアブラシにて塗装しましたが、この後に艦体グレー色を筆塗りする段階になって、キット説明書に愕然としました...。

 塗装の細かな塗り分け指示が...、説明書に無いのです。これには、さすがに怒りを感じました。説明書には、甲板モールドに従って塗り分けしてくださいと...の記載が...。 誠に不親切なキットです...。


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 03

皆さん、こんばんは。 

 本日は、第二船台長の報告です。

 報告...、我が船台の「能代」は、甲板パーツを艦体に取り付けしました。今回の建造では、最初に艦体左右パーツを接着してしまったため、艦底パーツのはめ込みの際には大変苦労したわけですが、これは艦体パーツと艦底パーツの合いが悪いために起きた出来事です。従って、甲板パーツを艦体パーツにはめ込む際にも同様のことが起きると予想していました。

 …予想通り、甲板パーツの取り付けには四苦八苦しました。艦底パーツを取り付けた際に艦体側面が台形状に歪みを生じたためと推測します。

 今後に建造するであろう、同型艦の作業の際にはすべてを同時に取り付けしようと思います。

002-nosiro1944_07.jpg
 甲板の詳細塗装工程に入りました。筆塗りをモールド頼りで実施。滑り止めモールドを艦体色で塗装していきます。それと、甲板の突起物も同様に艦体グレーで塗装。今回は軽巡ということで、呉工廠グレーで塗装しました。色塗り分けがイマイチ不安でストレスが溜まる作業です。
 画像は、塗装作業の途中です。

002-nosiro1944_06.jpg
 甲板の筆塗り塗装...、気合が入ります。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 04

皆さん、こんにちは。 

 今日は祝日...、たまたま休日が重なりました。  昨日は冷たい雨で、今年の寒さは早い気がします。

 さて、第二船台にて建造中の「能代」。甲板塗装指示が無いため、建造意欲が半減してしまいましたが、気を取り直して作業続行です。

 報告、我が船台の「能代」、船体と喫水板の塗装および甲板の詳細塗装に入りました。

002-nosiro1944_08.jpg
 船体色は軽巡なので呉工廠グレーとし、塗装。喫水板を艦底色で塗りました。艦首の錨鎖甲板の鎖を黒鉄色で塗り、存在感をアピール。実際は、船体色で塗られていたようですので、個人的な好みと言うことにしてください。 

002-nosiro1944_09.jpg
 第一魚雷発射管付近の甲板塗装
 この部分、リノリウム押え金具モールドが無く、滑り止めスリットのモールドもありません。塗装に迷う部分ですが、上部に航空機作業甲板がある部分なので、鉄張り塗装のようです。実際はどうなのでしょうかね? やはり塗装指示が無いのがネックです...。

 後部マスト付近の甲板塗装
 この部分もモールドがないのですが、説明書にはこの付近の塗装例がなぜか?掲載されています。作例によると船体色で塗装するようですが、後部マスト基部の構造物を取り付ける部分なので、リノリウム色のままとしました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 05

皆さん、こんばんは。 

 今年もあと11日で終わりです...。…なんか心に残るような事やった記憶がありません。悲しいことはありました。長年飼育していたオカメインコが2羽相次いで他界してしまいました。7羽いたオカメインコも昨年1羽が他界したので、現在は4羽となってしまいました。

 生き物と付き合うのは、植物でも動物でも、何れ死と向き合うことになります。悲しいけれど、だから生きている間に沢山楽しませてくれるんですよね...。

 では、第二船台長の報告です。

 …報告、我が船台の「能代」は、建造に四苦八苦状態です。 …フジミ特シリーズ、やはり製作が難しいですね。元々細部まで再現するためにパーツ数が多いのに加え、組立説明書が分かり難く、またパーツの成形が悪く、このため取り付け部の精度も悪いため製作するためには仮組みや整形作業、追加工作を伴います。

 今回は、煙突周りの蒸気捨て管取り付けで泣きました...。

002-nosiro1944_10.jpg
 艦橋構造物と煙突の作製作業を行いました。艦橋構造物を製作している時は、楽しめましたが、煙突パーツを取り付けた時から、苦難が始まりました。

 私には悪い癖があり、説明書を見ないで製作作業を行うことがあります。通常のキットであれば、パーツのほとんどを使うため、煙突パーツが2隻分入っていることは無いので、そのまま組んでも問題ありません。しかし、このキットは阿賀野型4隻を製作できるようになっているため、余剰パーツが沢山あるのです。このキットでは煙突パーツが2つありました。私はつい...いつのも癖で組んでしまった煙突を艦体に取り付けた後で間違いに気付きました。蒸気捨て管の取り付けダボの位置が合わないのです。

 泣く泣く、甲板より煙突をもぎ取り、本来の煙突を取り付けました。すると、今度は蒸気捨て管の取り付けダボが整形不良で無いものがあり、また煙突にダボ穴が開いているのに、説明書の取り付け位置と違っている場所だったりと、ものすごくストレスを溜めました。

002-nosiro1944_11.jpg
↑ このキットの売りの一つ、同型艦との違いを細かに再現するところで、目立つ違いがこの蒸気捨て管の形状です。

 また、煙突前部の探照灯台の取り付けも四苦八苦。説明書では甲板に取り付け部の凹みがあるのですが、実際はありません。当初、取り付け基部の突起は不要と思って切除したら、残念なことにこの部分がないと甲板から探照灯台座が浮いてしまうのです。泣く泣く、プラ板で加工しました。

002-nosiro1944_12.jpg
 苦労した甲斐あって、見映えは良いです。煙突周りはものすごく立体的で映えます。なお、煙突頂部のファンネルキャップはまだ取り付けてません。このキット、煙突内部の雨水除去装置のパーツが再現されています。これは、ファンネルキャップをエッチングに交換した場合に効果を発揮するパーツですね。

002-nosiro1944_13.jpg
 いろいろな意味で刺激的なキットですが、製作意欲を保てるかが問題ですね。あと10年早く登場してくれたら、バリバリに建造していたかも...。でも、細かい部品を再現しているため、実艦の構造が分かって面白いです。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 06

皆さん、こんばんは。

 真冬なのに、エルニーニョ現象で暖かい日が続いてますねぇ~。日中は良いのですが、夜には冷えるので...寒暖差が大きく、老い始めた体には堪えます...。

さて、第二船台長の報告です。

 報告...、我が船台の「能代」は上部構造物の取り付けを続行中です。今回は、魚雷発射管と予備魚雷格納筐の取り付け、前部マスト基部と後部艦橋構造物の取り付けを実施しました。

002-nosiro1944_14.jpg
 全体的には、こんな感じに仕上がってます。  煙突の頂部を取り付けました。煙突周りの小煙突は、取り付けミスが発覚してやり直ししてます。その際に小煙突や探照塔にダメージを与えましたが、プラ材なので修正加工が容易なので助かります。 

002-nosiro1944_15.jpg
 電探室の修正
⇒ このパーツ、設計ミスで左舷側のモールドがまったくありません。中央に大きな押しピン痕があり、パテ埋めしている状態です。残念な限り...、組立説明書にはモールドが入っているのですが、推測するに金型製作時のデーター入力ミスかと思います。

002-nosiro1944_16.jpg
 前部マスト基部の取り付け
 成形が“だるだる”です。残念な限り...。

   魚雷発射管の取り付け
 ネームシップの「阿賀野」では、第一魚雷発射管の上に航空機作業甲板が完全な形で覆う構造のため、個人的には発射管のシールドは無いものと思っています。「能代」は、竣工時ではシールドが無く、武装強化後の姿ではシールドがあったものと思ってます。

002-nosiro1944_17.jpg
 後部艦橋の取り付け
 モールドは詳細ですが、測距儀パーツの合いといい微妙ーな感じです。パーツ同士が干渉するのです。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 07

皆さん、こんにちは。 

 本日は、かなり建造停滞中の第二船台から報告します。 

 報告、我が船台の「能代1944」は、艦載機作業甲板などの取り付けを実施。

002-nosiro1944_18.jpg
 艦載機作業甲板の取り付け
 昔、タミヤの阿賀野型を製作したころには、この部分の形状がイマイチよくわからなくて、結構悩みました。今では、各艦の形状が詳しくわかっていて良い時代になったものです。「能代」の竣工時ではネームシップの「阿賀野」と同様の形状だったようで、作業甲板上がリノリウム貼り、魚雷発射管上部も甲板で覆われていたようです。最終時のレイテ沖海戦頃には、艦の重量軽減策として画面のように発射管上部が撤去されていました。キットでは最終建造艦「酒匂」と同様の形状をしていますが、どの部分が撤去されたかどうかは詳細不明のようですね。昔発売されていた艦スペ19号では、中央部分を撤去した可能性が高いと書いてありました。

 水上機の予備フロート取り付け
 煙突両舷には水上機用の予備フロートが備わっていたようです。きちんと色分けして取り付けました。

 舷側の兵員待機所取り付け 
 タミヤの「矢矧」では、この部分が設定年次において形状不良だったようで、正しい形状がよくわかりませんでした。「能代」でも竣工時と最終時では形状が異なっているようで、竣工時には艦載機作業甲板にあった高射指揮装置が舷側の兵員待機所上部に移設されています。

002-nosiro1944_19.jpg
 だいぶ出来上がってきました。フジミの特シリーズは、細かいパーツを取り付けるので、製作時のストレスは多大ですが、完成後の姿はパーツの存在感が大きくて映えます。

 機銃類は個人的な好みでピットロードの旧艦船装備品に交換しています。


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 08

皆さん、こんにちは。

 熊本の地震、ひどい状況ですね...。 被害に遭われた方々にお悔やみ申し上げます。

 さて、我が第二船台の「能代1944」、完成間近となってきました。

002-nosiro1944_20.jpg
↑ 主砲、機銃の取り付けを行い、艦載艇の装備も終了...。あとは、マストおよびクレーンの製作と艦載機の水偵を製作すれば完成です。

 やはり、軍艦は主砲を取り付けるとグッと引き締まって見えます。

002-nosiro1944_21.jpg
 艦首部分の状態。タミヤの古参キットと比べるとモールドが密になっていて映えます。但しパーツ同士の合いが悪いので、組立にストレスが溜まります。

 主砲塔は、下部パーツもきちんと再現されています。二番砲塔には測距艤が付きますが、砲塔天蓋裏に隠し穴モールドがあり、開口して取り付けるようになります。

002-nosiro1944_22.jpg
↑ 航空機作業甲板付近。呉式二号五型カタパルトは、二番艦「能代」から搭載されたもので、一番艦の「阿賀野」はより大型の一式二号一一型カタパルトを搭載していました。「阿賀野」のものは「能代」のものより高性能のもので、より連続射出が可能であったようです。

 ちなみに、航空作業甲板の形状は、四番艦「酒匂」のものと同一形状ですが、これはフジミさんの解釈によるもので、実艦では異なる可能性もあります。また、竣工時はリノリウム貼りだったので、リノリウム甲板だった可能性もあります。

002-nosiro1944_23.jpg
 艦尾部。三連装機銃は個人的な好みによりピットロードの旧シリーズ艦船装備品に換装しています。本キットの三連装機銃は銃身が長すぎるため、少し大きいのがネックです。


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

軽巡「能代1944」 建造日記 09

皆さん、おはようございます。

 12日は、これぞ五月晴れ!!といった好天気に恵まれた千葉県北西部。風も穏やかで、湿度も低く快適な一日でしたが、ここのところ...これまたこの時期特有の薄曇りのような晴れが多いです。

 では、第二船台長の報告です。

 …報告、我が船台の「能代」は無事に竣工です!

 作業の後半にかなり停滞を招きましたが、何とか完成させました。やはり、フジミの特シリーズは独特の細かなパーツ割りとパーツ精度の不良により、建造が難航します。…それでも、苦労して作り上げれば中々映える出来上がり...。苦労が報われた瞬間です。

002-nosiro1944_24.jpg
 阿賀野型軽巡は、洗練された艦橋構造物と一本化されてスッキリした誘導煙突、強力な雷装と航空兵装が魅力ですが、艦型が小型なために主砲と高角砲の装備が満足なレベルに達しませんでした。

 もともと水雷戦隊旗艦として建造されたため、艦型を大きくせずに雷装と航空兵装を強化したのです。しかし、本艦が登場した頃には、艦隊同士の直接対決は過去のものとなり、空母機動部隊による航空機による攻撃が支流となっていました。したがって、軽巡の仕事も駆逐艦群を率いて敵艦隊を攻撃することでなく、空母艦隊を敵機や敵潜水艦から守ることに変化しました。本艦型は排水量の関係から高角砲が片舷連装1基のみであり、この時代の軽巡としては防空能力が非常に低いことが致命傷となっていきます。

002-nosiro1944_25.jpg
 高角砲は長8糎連装砲で、秋月型駆逐艦の10糎連装砲を改良して小型にしたものですが、性能については、あまり評価されていないようです。

 主砲は15糎連装砲ですが、これも排水量制限から新型砲を搭載できず、機械化による自動装填ができない旧式砲を搭載しました。しかも、護衛艦艇としては主砲の対空能力がないのが致命的な欠点です。旧日本海軍は終戦までに両用砲の開発ができなかったのでした。

002-nosiro1944_26.jpg
 艦首方向からの眺望。なんだ...かんだ...と欠点ばかり言ってしまいましたが、小型の艦型に洗練された艦橋形状と優美な誘導煙突、やはり阿賀野型はカッコ良いなぁ~と感じます。

002-nosiro1944_27.jpg
 艦尾方向からの眺望。日本軍の艦艇はこの軽巡に限らず、重巡にしても空母にしても米軍艦艇より小型でスリムなものが多いですね。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR