フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 1

皆さん、こんにちは。 

 昨日は風が肌寒い一日でしたが、春の日差しを感じる日でもありました。本日も良い天気で、もう春が近いですね...。 

 東日本大震災から6年が経とうとしており、メディアでは連日のように話題にしています。あの日、私は自宅に居ましたが、生まれて初めての強い揺れにビックリしました。今でも鮮明に覚えている体験です。また、我が家の愛犬は震災後に家族となったので、もう6歳となるのだな...とつくづく実感しました。

 さて、第三船台にて建造を開始した空母「龍驤」。まずはウォーターラインシリーズ(WL)において旧キットになるフジミの旧キット「龍驤」を素組みで建造します。

003_ryuuzyou1942_01.jpg
 画面上がWLの新キット、アオシマの「龍驤」。画面下がWLの旧キットとなるフジミの「龍驤」で、フジミでは同社の発売するシー・ウェイ・モデル中でも新キットを発売し、このキットは絶版となっているので、フジミ内においても旧キットになります。

 アオシマ製「龍驤」のBOXアートは新しいだけあって、考証が最新です。アートの画伯の名前はわかりませんが、アオシマ製WLではよく見かける画風です。

 フジミ製の旧キット「龍驤」はWL画伯の巨匠、上田毅八郎氏のものです。艦橋部分など実艦とは異なった形状をしていますが、発売当時の考証によるものなので仕方ありませんね。キット内容もBOXアートと同じような形状の艦橋構造物となっています。 色彩も明るく、勇ましい姿を描いたもので、小型空母ですが重圧感が漂う画風となっています。

003_ryuuzyou1941_F01.jpg
 フジミ製旧キットの内容。WLの初期群のキットとしては、発売時のキット№が82番目の後発キットで、有名で人気がある艦から発売していった同シリーズとしては、どちらかと言うとマイナーな艦であったことがわかります。

 フジミのWLキットは黒っぽい成型色が特色。ランナーも艦体と喫水板を除くと2枚しかなく、シンプルで作り易いものとなっています。当時の常識では普通のキットですが、実艦の考証が進んでいなかったため、武装や艦体形状の細かい部分で間違いが多いものになっています。

003_ryuuzyou1941_F02.jpg
 個人的に最も悩んだことが、この飛行甲板の艦首部分の仕上がりです。キット発売の1973年当時は鉄張り甲板というのが定説でした。

 長らく、飛行甲板前端は鉄張り説が主流だったのですが、近年になって木張り甲板というのが主流になりつつあります。これは、「龍驤」で撮影された人物象の写真に板張りの甲板が写っているためで、撮影方向が前部エレベーターより前方のためということでした。

 この写真では、木張りが縦方向であることもわかり、最近の新キットではフジミ製でもアオシマ製でも、飛行甲板前部は縦張りで前部エレベーター後端からは横張の木甲板モールドとなっており、新考証を反映させた内容となっています。私は以前に製作したフジミ製新キット“一次改装後の「龍驤」”でこの事実を初めて知り、当時ビックリしたものです。

 このフジミ製新キットが発売される前より、前部甲板が木張りの作例が見られるようになっていた頃、この部分の真相が知りたくて色々と探求したものです。その頃は、木張りを艦尾まですべて縦張りに張り替えした説が注目を集めておりました。しかも、飛行甲板は前端と左右の指揮所付近の一部が鉄張りで、残りが木張りという説だったのです。(現在においても、新キットの表現が正しいかどうかは不明です。)

003_ryuuzyou1942_05.jpg
 左舷側の高角砲台座支柱
 最後尾の支柱は性能改善工事により撤去され、機銃座支柱に変更されています。キット形状は竣工時のものです。

 青葉型重巡の平甲板に二階建ての箱型構造物(艦載機格納庫)を乗せた、独特の艦容を大雑把であるがよく現わしています。

 艦首側の甲板が艦尾側より高いのがよくわかりますよね。演習時に台風の大波を艦首から被り、艦橋前壁が圧壊したためにその防災対策として甲板の高さを増したのです。被害時には艦尾側からも波が侵入したのですが、復元性能を低下させるために甲板の嵩上げは断念されました。

003_ryuuzyou1942_06.jpg
 右舷側は高角砲座支柱が二つしか再現されておらず、性能改善後をきちんと表しています。高角砲座支柱の艦尾側には別パーツで機銃座を取り付けるようになっています。「龍驤」の考証は開発当時ではほとんど知られていなかったものと推察され、キット化にあたってはだいぶ苦労したと思います。空母は左右が非対称なので、両舷の細かい考証が中々進まないのがネックですね。

003_ryuuzyou1942_07.jpg
 艦橋パーツ
 BOXアート同様に艦橋が両舷いっぱいに再現されています。キットパーツは中央部のみ別パーツに分かれていて以降左右窓枠は艦体パーツにモールドされていますが、実艦では二次改装後に艦橋縮小を実施しており、正面から眺めると...このパーツより左右の窓枠はありません。

 …以上、旧キットの大きな問題点を挙げてみましたが、新キットに世代交代した現在において、あえて旧キットの粗を探すのは意味の無いことだと言われる方も多いと思いますが、昔懐かしいキットの欠点を話題として楽しみつつ、素組みをしてみたいと思います。



艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 2

皆さん、こんにちは。

 久しぶりに本格的な  の一日になりそうです。

 さて、フジミの旧キット「龍驤」、思った以上に艦体パーツにヒケが見られます。40年以上前の開発キットだから仕方ないか...。久しぶりのヒケ対策、パテ埋め作業を行いました。

 併せて、飛行甲板のモールドを眺めていてふと...思いました、エキスパンションがない...。フジミの新キットでも再現されていないようで、前に一次改装後仕様を建造した際には、サラリと文章で書き込んでいましたが、ケガキで再現していました。画像をよく見るとわかります。アオシマのキットにおいても、残念ながら再現されていないようですね。これはアオシマのキットを建造する時に話題とします。

003_ryuuzyou1942_F06.jpg
 艦体パーツはあちらこちらにヒケがみられるため、パテ埋め作業中。喫水板を艦体パーツと合わせましたが、多少のズレがありヤスリで整形しています。

 また、艦首先端の菊花紋章取り付け台をプラ板にて大まかに再現することにしました。詳細な整形は後ほどします。

 艦橋前部パーツの合いは不良でパーツの左右は艦体パーツよりはみ出ます。

 画像手前の飛行甲板は、“エキスパンション”が再現されていないため、ケガキで再現しました。滑走制止装置も再現されていないのですが、こちらは“パス”します。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 3

皆さん、こんばんは。

 何だか、朝夕が寒いですね~。春が近いような遠いような...微妙な気候です。

 さて、第三船台長の報告です。画像的には前回と同じですが、工員は苦労してますので、報告を聞いてやってください...。

 報告、我が船台の旧キット「龍驤」、予定外に難作業してます。

003_ryuuzyou1941_F07.jpg
 何気に飛行甲板を仮組してビックリ...。飛行甲板パーツが艦体パーツに合わないのです。どこかの構造物が干渉して甲板パーツが盛り上がってしまう状態でした。

003_ryuuzyou1941_F08.jpg
 原因究明を行うと、右舷側の中央側面の箱型構造物が飛行甲板のスポンソンと干渉していました。…なぜ?...と思い、キット説明書の図柄を確認してわかりました。本来、この画像②の構造物は艦体と飛行甲板取り付け位置より2㎜くらい下から張り出していないといけないのですが、このキットでは飛行甲板取り付け位置と面一になっていました。…あくまで推測ですが、金型疲弊によってプラ材が上部まで回ってしまっているようです。

 本来は画像①のパーツと同じ高さから張り出すようなので、ヤスリでひたすら削りました。

 …艦体がヤスリ屑だらけで見苦しいのはご了承ください。

003_ryuuzyou1941_F09.jpg
 なんとか干渉しないレベルまで整形しました...。 このキット、昔製作したことがありますが、もう製作時の記憶がないので、その時も今回と同じような苦労をしたのかは、今となってはかわかりません。

 …いやぁ~、旧キットは気軽に製作できない事もあるんだなぁ...と今回教訓を得ました。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 4

皆さん、こんばんは。

 いやぁ~、朝夕が寒いですね...日中は温かいのですが、風が寒い日が多い!何だか不思議な早春です。

 では、第三船台長の報告です。

 …報告、我が船台の「龍驤」は、塗装作業に入りました...。

003_ryuuzyou1941_F10.jpg
 艦体と飛行甲板にエアブラシ塗装しました。細かい部分はこれから筆塗りです。

 現在では、本艦の考証も進み、実艦との違いが目立つ部分も多いのですが、キットの素性を生かしながら建造して楽しみたいと思います。

 飛行甲板は、キットのアピールどおり艦首部は鉄張り表現で行こうと思います。艦体グレーは大きさより呉工廠グレーと選択しました。

003_ryuuzyou1941_F11.jpg
 問題の右舷中央部構造物も整形が終わりました。飛行甲板はエキスパンジョイント部分を艦体グレーで表現してます。

 現在は、煙突パーツのヒケが大きいので、この部分のパテ埋め及び整形とモールドの再生を行っています。この作業が建造意欲を減退させています...。
 
 喫水板の塗装もしないといけないな...。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 5

皆さん、こんばんは。

 ここ数日、雨模様...久しぶりにまとまった雨です。しかし...、毎年桜の満開時期になると雨風が強くなるのはどうしてかな? サクラの美しさは儚い...のが良いところですかね...。

003_ryuuzyou1941_F12.jpg
↑ 左舷側各層の甲板パーツを取り付け。パーツは金型劣化でかなりよれよれです。整形に苦労しました。

 今回、何となく艦体の大きさから呉工廠グレーを使用したのですが、キットの生地が濃いグレーなので下地色が見えてしまうのが気になります。呉工廠グレーを選択したことが失敗と感じました。 そういえば...、艦体は青葉型重巡なのだから、我が造船所では横須賀海軍工廠とすべきだったと後悔しています。

 …でも、以前製作した旧キットは横須賀海軍工廠グレーだったので違いを見せるには良いですし、中々好きな色合いなので、気に入っている部分もあります。

003_ryuuzyou1941_F13.jpg
 艦体側面の外舷通路は艦首部分を除き、リノリウム塗装しました。実艦ではどうだったのか...不明ですが、模型的には映えます。

 右舷側の機銃スポンソンパーツも艦橋脇のパーツ以外は取り付けました。いやぁ~、パーツの整形に苦労しました。バリとヒケが多すぎです...。

003_ryuuzyou1941_F14.jpg
 第一煙突はパーツ上部に大きなヒケがあり、パテ埋めして整形しました。その際、モールドをすべて削ってしまったため、伸ばしランナーにて再現しています。作業はあくまで苦にならない程度で済ませています。中途半端な作業ですが、ご了承ください。

003_ryuuzyou1941_F15.jpg
 後部飛行甲板支柱と艦尾甲板の取り付け。艦尾の甲板支柱は伸ばしランナーのように細い棒状のパーツ4つを取り付けますが、中々バランスよく取り付けは出来ないのです。この苦行は以前製作したキットで味わったものを覚えていました。

 艦尾飛行甲板支柱パーツは、金型劣化が極まり...、形状がボロボロです。簡単な整形のみ行っていますが、新キットに移行した理由もわかる気がします。



艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 6

皆さん、こんばんは。

急に暑くなり...、暑さに弱い私は、体がだるくて仕方ありません...。春の嵐が過ぎ去り、ほっとしたところです。

では、第三船台長の報告です。

報告、我が船台のフジミ旧キット「龍驤」、艦自体はほぼ完成状態です。
第一煙突パーツは、表面に大きなヒケ、裏面に巨大な押し出しピン痕があり、当初表面のみ補修しましたが、再度気になるために艦体より取り外し、裏面の大きな穴も補修しました。

003_ryuuzyou1941_F16.jpg
 高角砲および機銃スポンソンや対空戦闘指揮所甲板などの取り付けも終わり、対空兵装の装備と艦載艇の搭載を行えば、母艦自体の建造は終了です。

 武装パーツは、キットパーツを使わず、ウォーターラインシリーズのリニューアルパーツを使用予定です。本来、武装は12.7㎝連装高角砲4基、25㎜連装機銃2基、13㎜4連装機銃6基の装備なのですが、キットの説明書では、高角砲は実艦同様なのですが、機銃類は架空で強武装となっています。これをそのまま再現しようと考えています。 

003_ryuuzyou1941_F17.jpg
 飛行甲板の白線は、マスキングによるブラシ塗装を行おうか迷いましたが、結局筆塗りしました。 

 滑走制動索は、重量があるジェット機でも制止できるような太いワイヤーモールドですが、発売当時のモールドではごく普通の表現です。筆塗りしましたが、オーバーモールドなので、塗装は比較的容易です。

 艦橋両舷の対空指揮所甲板は、リノリウム塗装としました。根拠はありませんのでご容赦を...。

003_ryuuzyou1941_F18.jpg
 後部飛行甲板の着艦禁止区域の塗装も筆塗り。少しよれが目立ちますが、もう少し塗り重ねる予定です。紅白のストライプは、本来同じ太さなのですが、ストリップ付きの部分が幅広で白線部分が狭いモールドとなっています。



艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 7

皆さん、こんばんは。 

今日は第三船台長の報告です。

報告、我が船台の「龍驤」旧キットは、艦体の建造はほぼ終了です。艦首の菊花紋章に色を付ければ終了といった感じ。あとは、艦載機の製作となります。

003_ryuuzyou1941_F19.jpg
 艦載艇の製作
 キット付属の艦載艇は、現在の模型レベルの目で見ると詳細なモールドが無く、大雑把な形状で表しており、積極的に使用したいパーツではないのですが、ここだけ見栄えが良いパーツに交換する意味もないのでそのまま使用しました。何ともお粗末な出来ですが、大まかな形状は正しい形をしています。

 このパーツを説明書どおりに取り付けするのが困難で、どうしようか迷いました。キットの組み立て説明書指定の箇所には艇体が大きすぎて入らないのです。迷ったあげく、自己流で搭載させてみました。説明書の取り付け指示も塗装平面図の記載位置とは合わず、実艦とは異なっているようです。

003_ryuuzyou1941_F20.jpg
 艦橋脇の機銃はキット説明書によると25㎜連装となっているので、ウォーターラインシリーズ(WL)の装備品から調達しています。ここは、実艦では13㎜4連装機銃が正解です。

艦中央部の高角砲もWLより調達。その後ろの煙突直前にある機銃は25㎜連装ですが、ここは実艦どおりになっています。

003_ryuuzyou1941_F21.jpg
 飛行甲板の後部エレベーター両舷にある機銃は25㎜3連装を取り付けるよう指示していますが、実艦では13㎜4連装です。作例ではキット指示どおり25㎜3連装を取り付けました。その後ろのブルワークは、25㎜単装機銃の取り付け指示となっていますが、実艦では装備していた可能性が低いようです。作例では、ピットロードの旧装備品パーツより調達しています。

 このキット、全体的な雰囲気はかっこよくできていますね~。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 8

皆さん、こんばんは。 

 第三船台のフジミ旧キット「龍驤」は、無事に完成です!…何とか建造に対するモチベーションを保って建造できました。

 では、お披露目です。 …第三船台長からの報告です。

 …報告、我が船台の「龍驤1941」、やっと完成です。

003_ryuuzyou1941_F22.jpg
 本キットは当造船所において二隻建造しており、私的には同じキットを二隻建造するのは珍しいことなのです。…理由は、キットと実艦の違いを修正して実艦に近づけた作品を建造する予定で積んでいたのですが、アオシマの新キット発売によって意味をなさなくなってしまったため、今回も素組みにて建造しました。

 …改めて建造しましたが、実艦の考証は考えずに素直に製作すると、そこそこ「龍驤」のカッコよさを再現できる不思議なキットでした。

 現行の新キットと比べると、勝てるわけないのですが、完成後の姿は不思議にカッコいいのがキットの良さを表しているように感じます。

003_ryuuzyou1941_F23.jpg
 旧キット時代では、飛行甲板前部は鉄張りが通説でした。今でも、「龍驤」のイメージとしてこの飛行甲板前部が鉄張りの「龍驤」を好む方々がいるようです。


003_ryuuzyou1941_F24.jpg
 キット付属の艦載機パーツは、かなり金型が疲弊しているのか、成型不良で、零戦というより96式艦戦みたいなシルエットでした...。 キットでは、塗装指示もなく、日の丸デカールも付属していないので、デカールはウォーターラインシリーズの艦載機パーツより調達しました。機体色は、現在の定説となる飴色に近い色で再現しています。

003_ryuuzyou1941_F25.jpg
 実艦では艦橋構造物の左右端をキットより縮小しているのですが、キットのように改装前の姿であったならば、重圧な艦容だったと思います。


003_ryuuzyou1941_F26.jpg
 ワシントン軍縮条約の対象外として建造された小型空母でしたが、建造中にさらに軍縮が厳しくなったロンドン条約により小型空母も保有対象となってしまい、本艦の建造意義が失われてしまいました。

 このため、保有数を多く持てないならば個艦優勢ということで、搭載機数が計画当初の倍を求められ、格納庫が二階建てとなってしまいました。このため、当初から復元性能不足の艦として竣工した艦なので、艦容が特異的で面白いですね。

003_ryuuzyou1941_F27.jpg
 艦尾飛行甲板の機銃スポンソンは、単装機銃を取り付けるよう指示されていますが、実際では機銃を装備する場所ではなかったようです。また、その前の三連装機銃は25㎜機銃ではなく、13㎜四連装機銃となります。空母で13㎜四連装機銃を搭載するのは、本艦のみとなります。

003_ryuuzyou1941_F28.jpg
 現計画の変更による格納庫の拡大と二度による性能改善工事を受けた本艦は、小型ながら大戦初期にはフィリピン攻略やアリューシャン方面の作戦などで活躍し、最後の戦いとなった第二次ソロモン海戦で艦隊の先方として行動したため、米軍から袋だだきに遭い、ついに沈没しました。

 小型空母だったため、大戦後期の新型機の運用は出来なかったものと推測でき、仮にマリアナ沖海戦時に参加していても活躍は出来なかったものと思いますが、実際どうだったのでしょうか...。…なんて考えるのも面白いですね。



艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR