スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍驤1942」 建造日記 1

皆さん、こんばんは。 

 本日は曇の多い一日。夕方一雨あった千葉北西部は寒さが戻ってきたようですが、皆さんはいかがでしたでしょうか。ここのところ温かい日々が続いていたので、…お陰様で花粉症の症状がひどいです。

 さて、第三船台のアオシマ製空母「龍驤」は長らく作業を停滞していましたので、本日より建造開始です。膨大なストック棚を眺めていたところ...、フジミの旧キットを見つけたので併せて建造することにしました。このフジミの旧キットは、ウォーターラインシリーズ(WL)にフジミが参画していたころのキットなので、WL新旧キットの作り比べとなります。

003_ryuuzyou1942_00.jpg
 先ずは、WLとしては新キットとなるアオシマのボックスアート。フジミの「龍驤」がシリーズから欠落したのが1992年。アオシマの「龍驤」が発売されたのが2016年(シリーズ定番キットの発売年)なので、24年の欠落期間がありましたが、やっとシリーズに戻ってきました。

 「龍驤」といえば小型空母。当時の社会情勢により、“保有制限にかからない小型の空母を多数建造して国力を高める”という考え方により建造された軍艦です。しかし、その後の社会情勢の変化により小型空母にも保有制限がかかり、多数を建造して保有することが出来なくなったため、「龍驤」は計画していた搭載機数を増やすという変更を受け、格納庫が一段から二段となって上部に伸びてアンバランスな艦容となりました。

 この青葉型重巡の艦体に二階建ての格納庫を設け、いかにもアンバランスな艦容を見せる「龍驤」は、個人的にはなかなか魅力な軍艦です。

 BOXアートは定番の構図。海面より望む画角は、軍艦がカッコよく見える画像です。個人的にはもう少し動きを感じられると嬉しいな...。この角度だと、飛行甲板がわからないのが残念です。

003_ryuuzyou1942_02.jpg
 キット内容はこんな感じ...。艦体は左右分割。喫水板は側面が見える普通のタイプです。このキットで注目するのは、格納庫内部が再現されていること。アオシマの空母は最近このように格納庫を再現するものが多いです。

 画像の他にシリーズ共通の艦船装備パーツ(リニューアルパーツ)2枚と前期型艦載機パーツ1枚が付属していますが、撮影の際に省略しました。

 …ちなみに、訂正に関する紙(画面右下)が同封していました。アオシマの説明書は間違いが多いので有名ですが、それなりに製品を提供する側としてのホローは必要なので、良いことですね。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 2

皆さん、こんばんは。

 第三船台では、ウォーターラインシリーズの「龍驤」としては旧キットになるフジミ製「龍驤」(フジミのシリーズ内としても旧キットになる)を製作しましたが、本来の目的であるアオシマ製「龍驤」の製作を開始します。

 フジミ製の「龍驤」はこんな感じに出来上がりました。
003_ryuuzyou1941_F22.jpg

 …では、第三船台長の報告です。

 報告、我が船台では改めて新キット「龍驤1942」の建造に入ります。

003_ryuuzyou1942_03.jpg
 艦体は左右分割の現在主流である方式。喫水板は最もポピュラーな外舷より接合部が見えるタイプ。
このキットの売りは、艦体パーツと格納庫が一体成型されていて製作が簡単になっていることです。

 画面中央は格納庫内部パーツで、かなりの部分が再現されていますが、普通に製作するとほとんどは見えなくなります。 …まぁ、アオシマのこだわりというところで...。

 画面手前は、艦橋床面から左右舷指揮所張り出し、高角砲甲板と続くもので、これも一体成型となっていて製作を簡易にしています。

003_ryuuzyou1942_04.jpg
 錨鎖甲板取り付け
 残念ながら...錨鎖甲板と艦体艦首部の合いは悪く、隙間ができます。成型が必要です。

 艦首先端部はフジミのキットより太く、力強い印象です。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 3

皆さん、こんにちは。

 日本列島を縦断し、各地に被害を与えた台風5号、我が家では幸いに被害が無かったのですが、最近の雨の降り方や突風は本当に怖いですね...。

 さて、停滞中の建造報告です。本日は第三船台長からの報告。

 報告、我が船台の「龍驤1942」は、艦体塗装作業から躓いてしまいました...。塗装は初めに呉工廠グレーで塗装。リノリウム甲板の色分けがやっと仕上がったところで“ふっ”と気が付いてしまいました。艦体は青葉型重巡を基に建造している「龍驤」だから、我が造船所では重巡色の横須賀工廠グレーでは?…と。

 もともと我が造船所では空母に特定色を定めていないため、全長で何となく艦体色を決めているのですが、大きさ的には呉工廠グレーでも良かった「龍驤」...、でも、艦体が青葉型重巡ということにこだわって横須賀工廠グレーで塗りなおしました。

 このため、二度手間となって建造工程の延滞を大きくしてしまいました。

003_ryuuzyou1942_05.jpg
 艦橋周りや前部両舷の指揮所の床面がリノリウム甲板か?鉄甲板か?で悩みましたが、模型的に映えるのでリノリウム塗装にしています。構造物が一体成型のため、筆塗はかなり苦労しました。なお、リノリウム塗装に関しては、特に根拠がありませんのでご了承ください。キットの組み立て説明書では、リノリウム塗装指示がまったくありません。

 艦尾上甲板付近や舷側の通路もリノリウム塗装しました。こちらは「赤城」や「加賀」を参考とするとリノリウム塗装されていたものと考えられます。

 キットの売りの一つである、格納庫甲板の再現を生かすため、内壁の一部を白色で塗装しました。(塗装は未完成。) 艦尾側のエレベーターは塞ぐ予定で艦首側のエレベーターのみ降下状態とする予定です。したがって、見える範囲のみ白塗装するつもりです。この白色塗装もとくに根拠がありませんが、「鳳翔」では格納庫が白く見える写真があったものと記憶しており、空母の格納庫の壁は白かったのではと個人的に思っています。

 このキット、国内生産キットにしては珍しく、剥離剤が残っているため筆塗に苦労しました。喫水板は艦底色で塗装し、舷側窓は0.5㎜のピンバイスで掘り直し、墨入れしています。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 4

皆さん、こんにちは。

 ここ数日、日中は暑かったですね...。夏が戻ってきたような陽気でした。ですが、今は一気に冬の陽気になり、しかも雨に日々...。風邪引きそうです...。

 さて、本日は第三船台長の報告です。

 報告、我が船台の「龍驤」は、だいぶ作業の停滞をしていましたが、建造再開です。

003_ryuuzyou1942_06.jpg
 左右舷側の通路や甲板を取り付けしました。複雑な「龍驤」の構造物をうまく分割して部品点数を少な目に抑えているのには感心しましたが、モールドが少しだるい気がします。

 飛行甲板を仮組すると、気になるところがありました。↓

003_ryuuzyou1942_07.jpg
 飛行甲板前端の支柱 その1
 この支柱、やたらと太いのが気になります。実艦ではほとんど目立たないほど細いものです。

003_ryuuzyou1942_08.jpg
 飛行甲板前端の支柱 その2
 飛行甲板を艦体に仮組してみましたが、どうでしょうか?やたらと目立ちますよね...。削り取って、0.5㎜のプラ棒で再現することにしました。キットでは支柱断面は円形ですが、四角形かもしれないなぁ...と思いましたが、調べてもわかりませんでした。プラ棒も0.5㎜のものは丸棒しか所有していないので、丸棒で再現することにします。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 5

皆さん、こんにちは。

 超巨大台風21号が去り、幸いにして我が家は被害なし...。…良かったです。被害に遭われた方々にお悔やみ申し上げます。

 さて、本日は第三船台長の報告です。

 …報告、我がアオシマの「龍驤」、空母として最も重要な飛行甲板の塗装に入りました。

003_ryuuzyou1942_12.jpg
 飛行甲板は、現在の有力説により再現されており、特長は従来鉄張りだった前部エレベーター付近より前の甲板が板張りで再現されていることです。この表現は数年前に発売されたフジミの「龍驤」ですでに発表されていますが、その後も飛行甲板全体が木張りという説が拡散せずに色々な飛行甲板が入り乱れていました。最近になり、やっとフジミの新キットとアオシマのキットのような全域にわたって木張りという説が一般となりました。

 飛行甲板には、当造船所恒例の汚し塗装を行いました。このキット、個人的に嬉しいことに、滑走制止索と着艦制動索が昔のキットのようにモールドされており、塗装により再現出来ました。

 しかし、キットの飛行甲板モールドにはエキスパンションジョイントの再現が全くないため、実艦の画像を頼りに雰囲気でケガキ再現してみました。少し細すぎかもしれません。参考にした画像は第一次改装後の写真だったのですが、ジョイント位置が変更にはならないだろうという憶測で再現しています。

003_ryuuzyou1942_09.jpg
 飛行甲板前端下部支柱の再現
 前回話題とした部分ですが、キットのモールドを切り取り、0.5㎜丸プラ棒にて新たに再現してみました。キットの他のモールドに合うよう0.5㎜の細さを選びましたが、実艦ではもっと細い気がします。

003_ryuuzyou1942_10.jpg
 飛行甲板前部の様子
 遮風柵や隠顕式探照燈の縁を当初軍艦色で塗装したのですが、ハセガワの「赤城」の時の失敗を思い出してタン色で再塗装しました。但し、エレベーターはモールドと開口部の部品割りに疑問があって、後部は閉止状態で再現するために違和感がないのですが、前部エレベーター縁は本来最も内側のモールドで分割されるべきものが、内側から二つ目のモールドでパーツ分割されているため、画像のように開口状態とすると開口部縁が木張り再現となってしまうことに不満でした。この部分、縁のモールドは二重になるのが正解だと考えます。

 エキスパンションジョイントは、実艦写真からおおよその位置を推定して再現しましたが、少し細すぎです。「龍驤」の木張りは前部エレベーター直前で縦張りと横張りの堺となるのですが、なぜこの部分で張り目が変わるのか?不思議です。ここがエキスパンションジョイントならば納得するのですが...。

003_ryuuzyou1942_11.jpg
 飛行甲板後部の様子
 後部エレベーターは閉止状態にしたので、モールドの塗り分けと開口部の矛盾は目立たない感じになります。

 滑走制動索は凸モールドが弱めなので、筆塗に失敗し、マスキングによる吹き付け塗装で再現しました。流石にこの細さだと私には無理です。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 6

皆さん、こんばんは。

 今年もあと僅かになってしまいました...。1/700艦船模型の世界も成熟し、ゲーム“艦これ”の影響で超マイナー艦もプラキット化される時代を迎えています。しかも、中国メーカーの躍進に拍車がかかり、値段は高くなっていますが...技術的には進歩したキットも市場に多く出回り、ユーザー側が色々と選べる環境である今の状態は、なんだか不思議な気さえします。

 …ただ...、残念なのは私個人的な気力と体力の衰えにより、沢山発売されるキットを製作できないこと。気ばかり焦りますが、こればっかりは仕方ないので、ゆっくりと在庫消化する所存です。十年前にこの市場だったら、もっと楽しめたのになぁ~と思ってしまいます。

 …さて、久しぶりに第三船台長の報告です。

 報告、我が船台の「龍驤1942」は、飛行甲板のデカール貼りを実施中。結構苦戦中です。

003_ryuuzyou1942_13.jpg
 飛行甲板に白線のデカール貼りを実施中。以前作業したハセガワの「赤城」ではかなりの白線が一体化した大判のデカール仕様で、作業は簡易だったのですが、作業後のシンバリが目立って不満でした。

 アオシマの「龍驤」では、昔ながらの小分けの白線デカールにより、作業後の見栄え重視を選んだものとなっていますが、これはこれで、作業が結構難しいのがネックとなります。白線を真っすぐに貼るのは難しいのです。

003_ryuuzyou1942_14.jpg
 今回の作例では、前部エレベーターは下げ状態としキットの格納庫再現をアピールする形としています。この形状とするとエレベーター側面が目立つのですが、この側面を当初軍艦色としていたところ、空母「龍鳳」の実艦写真にてエレベーター部分も白色?塗装のように感じる写真を見たため、急遽白色で再塗装しました。この作業は結構大変でしたが、なんとかうまく仕上がりました。

 前部飛行甲板の白線デカールは未作業部分があります。エレベーター部分のデカールはキットの説明書では指示が抜けており、また、そのあとに続くデカールの指示表示にも間違いがあって、作業を混乱させます。この部分は説明書の修正をしてほしいですね。

003_ryuuzyou1942_15.jpg
↑ 後部飛行甲板デカールはキット指示どおり作業を終了させましたが、後部エレベーター上に白線がないのは個人的にはおかしいと思います。本当はどうなんでしょうか?

また、着艦制動索上に白線があるのはおかしいので、デカールを切り除く作業をこれから行います。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「龍驤1942」 建造日記 7

 皆さん、大変遅くなりましたが、「新年おめでとうございます」。

 本年も我がホームページ“艦船模型を楽しもう!”および我が造船所ブログ、“建造日記”をよろしくお願いします。

 さて、正月休みが無い私は、あっという間の新春たる今月も...すでに中旬を越えていまして、公私ともに忙しかったため当造船所の船台も建造中に年越しの状態となってしまいました。

 …というところで、第三船台長の報告です。

 報告、我が「龍驤1942」は、艦体建造が終了しました。後は...苦手な艦載機製作です。

003_ryuuzyou1942_16.jpg

003_ryuuzyou1942_17.jpg

 飛行甲板白線の再現
 前回の作業報告より、引く続き行っていたものですが、キットの取説指示ではデカールの番号表示が間違っているようで、作業を混乱させました。しかも、付属デカールでは、艦首側の左右実線部分が白線のデカールも用意されているので、ますます作業を混乱させます。

 エレベータ上の白線の再現
 前部エレベータ上の白線は、取説では表記されているのにデカールが用意されていません。仕方なく、余剰の破線デカールを使い再現しました。また、後部エレベーター上も白線が無いことになっていますが、余剰デカールを使い再現しました。


 機銃、高角砲の装備
 四連装の13粍機銃はキットオリジナルです。形状は少し疑問もありますが、大きさ的にはOKです。シリーズの旧キットとなるフジミ製の旧キット「龍驤」では、この13粍機銃がすべて25粍機銃として再現されていました。13粍四連装機銃は大戦中に装備していた艦艇として空母「龍驤」くらいかな?と思います。軽巡が艦橋前に装備していたのは知っていますが、これも順次25粍機銃に換装されているようです。
 高角砲は、シリーズ共通のリニューアルパーツと言われる艦船装備品のランナーから調達。キット指示どおりの製作ですが、砲身の太さはそこそこシャープなので見栄えします。形状は現在のレベルに届かない感じですが...。

 
第一次改装によって高角砲を25粍連装機銃に換装した場所が左右舷一か所ずつあるのですが、25粍連装機銃はハセガワの天龍型軽巡の新キットの余剰パーツを流用しました。流石に新開発パーツなので、形状的にも実物に近く、シャープなものです。ここの部分だけ多少雰囲気を壊してしまいますが、個人的にこの機銃はお気に入りなので使用しました。

 艦載艇の装備
 通船以外はシリーズのリニューアルパーツを使用。通船はキットオリジナルで出来栄えは可でもなく不可でもなくといったところです。右舷の艦首側カッターはダビットに吊るすタイプを取り付けるよう指示していますが、特にダビットが再現されているわけでもないため、床置きタイプのものと交換しました。
 本来、このカッターは左舷も同様ですが、高角砲甲板から伸びるダビットで吊るされている状態が正解のようです。今回はキットでは省略されているため、床置きとしました。


 
無線塔の装備
 無線マストは、左舷前部のもの以外棒状マストです。キットでも少し太い成型ですが、シンプルなマストを用意しています。問題は、左舷前部のトラス状のマスト。キットでは変な分割のパーツで三脚状の再現となり、少し不満でした。トラス構造は再現できなくても、外観上の形状は再現してほしかった...。


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。