フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 6

皆さん、こんばんは。

急に暑くなり...、暑さに弱い私は、体がだるくて仕方ありません...。春の嵐が過ぎ去り、ほっとしたところです。

では、第三船台長の報告です。

報告、我が船台のフジミ旧キット「龍驤」、艦自体はほぼ完成状態です。
第一煙突パーツは、表面に大きなヒケ、裏面に巨大な押し出しピン痕があり、当初表面のみ補修しましたが、再度気になるために艦体より取り外し、裏面の大きな穴も補修しました。

003_ryuuzyou1941_F16.jpg
 高角砲および機銃スポンソンや対空戦闘指揮所甲板などの取り付けも終わり、対空兵装の装備と艦載艇の搭載を行えば、母艦自体の建造は終了です。

 武装パーツは、キットパーツを使わず、ウォーターラインシリーズのリニューアルパーツを使用予定です。本来、武装は12.7㎝連装高角砲4基、25㎜連装機銃2基、13㎜4連装機銃6基の装備なのですが、キットの説明書では、高角砲は実艦同様なのですが、機銃類は架空で強武装となっています。これをそのまま再現しようと考えています。 

003_ryuuzyou1941_F17.jpg
 飛行甲板の白線は、マスキングによるブラシ塗装を行おうか迷いましたが、結局筆塗りしました。 

 滑走制動索は、重量があるジェット機でも制止できるような太いワイヤーモールドですが、発売当時のモールドではごく普通の表現です。筆塗りしましたが、オーバーモールドなので、塗装は比較的容易です。

 艦橋両舷の対空指揮所甲板は、リノリウム塗装としました。根拠はありませんのでご容赦を...。

003_ryuuzyou1941_F18.jpg
 後部飛行甲板の着艦禁止区域の塗装も筆塗り。少しよれが目立ちますが、もう少し塗り重ねる予定です。紅白のストライプは、本来同じ太さなのですが、ストリップ付きの部分が幅広で白線部分が狭いモールドとなっています。



艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR