「磯波1941」 建造日記 02

皆さん、こんばんは。 

 今回、栃木、茨城の水害に遭われた方々にお悔やみを申し上げます。水害の対応で、市町村の対応が後手に回っているのは事実...。何時の時代も公務員というのは、何をやっているのでしょうかね? 

 さて、船台に上げてから大分作業を停滞していた第一船台ですが、本日作業報告がありましたのでご報告申し上げます。

 報告、我が駆逐艦「吹雪」は船体および甲板塗装に入りました。

001_fubuki1941_09.jpg
 キットは“バスタブ”とよばれる一体成形の船体で、最近のキットにしては珍しいもの。なぜ最近のキットは左右分割なのか...、それは製作者側からの視線では、舷側のモールドを詳細にするためには左右分割パーツが効率が良いためです。

 しかし、このキットは作りやすさにこだわっているようで、バスタブ式なのに舷側のモールドは詳細です。これは凄いことです。ただ…残念だったのが、このバスタブ式のために船体が反ってしまい、平らな面に船体を置くと艦中央部が浮いてしまうことです。私は強制的に船体パーツを曲げて、ある程度まで反りを解消しています。

 船体パーツは喫水線より上を再現しているため、喫水ラインが再現されていません。個人的には、艦底ラインを再現するのが好みなので、0.5㎜プラ板を切り出して貼り付け、喫水ラインを再現しました。…結構大変な作業です。

 船体に甲板パーツを取り付けましたが、このキットは確かに組みやすい設計と思います。パーツ合わせは多少甘めですが、組みやすいのです。これには驚かされました。

 第三砲塔基部は、砲塔旋回軌条のモールドをケガキ棒で再現しました。

 個人的には、船体内部に錘を入れたい気分でした...。 

 まだ建造初期段階なのですが、このキットは今までにないパーツ構成をしていて、中々建造が面白いです。 

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR