「磯波1941」 建造日記 03

 皆さん、こんにちは。

 昨日は、肌寒い一日でした。11月の気温とか?秋の気配が色濃くなりましたね。

 では、第一船台長の報告です。

 報告、我が船台の「吹雪」、艦体構造物の取り付けを開始しました。

001_fubuki1941_10.jpg
 舷外消磁電路の取り付け
 消磁電路は、当造船所指定の0.25×0.5㎜プラ角棒にて再現。形状は、ネット検索による図面に従いました。

 甲板は、リノリウム塗装を実施。魚雷運搬軌条内もリノリウム張りだったようなので、塗装。キット指示では鉄張り塗装のようです。

001_fubuki1941_11.jpg
 艦首側ボラードの再現
 残念ながらこのキットは成形不良で、この部分がありませんでした。仕方ないので、プラ丸棒にて再現しています。

 中央構造物の取り付け
 中央部の煙突とダクトは一体成形で組立易さをアピールしています。予備魚雷格納筐もキチンと再現されていて嬉しい限り。

001_fubuki1941_12.jpg
 後部兵員室の取り付け
 タミヤのキットでは省略されていた円材置き場のフレームが再現されています。少し太いですが、成形上しかたないでしょう。このフレーム、結構複雑な形状をしていて存在感があるので、再現されているのは嬉しいことです。
 また、タミヤおよびピットロードのキットでは省略されていた、予備魚雷格納筐の蓋のモールドも再現されていて嬉しい限り。
 兵員室側面パーツの分割が独特で、位置合わせが容易。組立やすいキットです。
 
 
 第三缶室のダクト給気口を塗装で再現
 第二煙突前後の缶室給気口はモールドがありませんが、説明書ではモールドが入っていて残念に思いました。開発費の関係か?ムクなので、黒色塗装してみました。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR