アオシマ製キット「間宮」 建造日記 1

皆さん、こんばんは。

 本日は、この頃恐ろしく暖かい日々が続いています。エルニーニョ現象だそうで、寒暖差が大きいのがネックですねぇ...。では、第一船台長の報告です。

 報告、第一船台では、我が造船所初の給糧艦建造を行います。船台に上がってから、だいぶ経ってしまいましたが、建造開始です。

001_mamiya1942_00.jpg
 BOXアートはシリーズアートの巨匠、上田毅八郎氏のもののようです。いいですよねぇ~。給糧艦でもカッコ良い雰囲気が十分に伝わってきます。 

001_mamiya1942_01.jpg
 モールド感は国産のピットロード風のキットに似ています。軽巡サイズの商船構造の艦なので、パーツ数はそれほど多くありません。 このキット、錘がきちんと付属していました。うれしい限りです...。

 艦体側面の鋼板継ぎ目モールドの強さに比べ、煙突のジャッキステイの表現がまったく無いなど、少し疑問に思う表現があります。

001_mamiya1942_02.jpg
 艦体パーツ。側面のモールドはかなり強めのものです。一体成形のバスタブ式で、しかも喫水線パーツが無い状態です。個人的には喫水線を再現したいので、これが不満でした。しかも、この強めの側面モールドが喫水板再現のネックとなります。 



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR