軽巡「能代1944」 建造日記 06

皆さん、こんばんは。

 真冬なのに、エルニーニョ現象で暖かい日が続いてますねぇ~。日中は良いのですが、夜には冷えるので...寒暖差が大きく、老い始めた体には堪えます...。

さて、第二船台長の報告です。

 報告...、我が船台の「能代」は上部構造物の取り付けを続行中です。今回は、魚雷発射管と予備魚雷格納筐の取り付け、前部マスト基部と後部艦橋構造物の取り付けを実施しました。

002-nosiro1944_14.jpg
 全体的には、こんな感じに仕上がってます。  煙突の頂部を取り付けました。煙突周りの小煙突は、取り付けミスが発覚してやり直ししてます。その際に小煙突や探照塔にダメージを与えましたが、プラ材なので修正加工が容易なので助かります。 

002-nosiro1944_15.jpg
 電探室の修正
⇒ このパーツ、設計ミスで左舷側のモールドがまったくありません。中央に大きな押しピン痕があり、パテ埋めしている状態です。残念な限り...、組立説明書にはモールドが入っているのですが、推測するに金型製作時のデーター入力ミスかと思います。

002-nosiro1944_16.jpg
 前部マスト基部の取り付け
 成形が“だるだる”です。残念な限り...。

   魚雷発射管の取り付け
 ネームシップの「阿賀野」では、第一魚雷発射管の上に航空機作業甲板が完全な形で覆う構造のため、個人的には発射管のシールドは無いものと思っています。「能代」は、竣工時ではシールドが無く、武装強化後の姿ではシールドがあったものと思ってます。

002-nosiro1944_17.jpg
 後部艦橋の取り付け
 モールドは詳細ですが、測距儀パーツの合いといい微妙ーな感じです。パーツ同士が干渉するのです。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR