旧キット 軽巡「龍田1919」 建造日記 01

皆さん、こんにちは。

 昨日...今日...と少し暖かい日が近づいていますが、花粉症の私には辛い日々の到来です。

 さて、現在の我が造船所、第三船台以外はすべて建造作業が停滞中...。空いた第三船台にて、予定していなかったハセガワの旧キット「龍田」を急遽建造します。…理由は“談話室”にて...。

003_tatuta1919_00.jpg
 BOXアートは、旧シリーズのほとんどを手掛ける上田画家のもの。戦前の長閑な風景と言いますか...、のんびりした雰囲気が出ている良いものです。黒炎を黙々と上げている状態で、全速?で疾走する「龍田」を描いています。

003_tatuta1919_01.jpg
 画面のキットは、リニューアルパーツを追加したキットで、シリーズ№が310のものです。しかし、組立説明書は旧番の93となっています。

 現在のキットではあまり見られなくなった艦底板が赤色成形で、無塗装でも最低レベルで楽しめるよう配慮されたものです。発売当時(今から43年前)はこれがスタンダードの考え方でした。

003_tatuta1919_02.jpg
 キット主要部。ランナーは2枚。現在の新キットと比べると恐ろしくシンプルです。そのぶん、組立はらくチン。元々は、ネームシップの「天龍」のみが1973年から発売されていましたが、7年後の1980年に至りバリエーション展開キットとして「龍田」を発売しました。このキットは、ほとんどを「天龍」キットの部品そのままとし、マスト部分を新たに開発したもの(画面左下のランナー枠)を追加し、同型艦「龍田」の新造時仕様として発売しています。

 したがって、キット最大の欠点である艦橋構造物の形状不良は「天龍」パーツそのままのために修正されていません。形状が不良に付け加え、艦橋天蓋が固定天蓋表現ですので、新造時の天幕表現とは異なることになり、ますます実艦と異なる形状になってしまっています。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR