軽巡「能代1944」 建造日記 07

皆さん、こんにちは。 

 本日は、かなり建造停滞中の第二船台から報告します。 

 報告、我が船台の「能代1944」は、艦載機作業甲板などの取り付けを実施。

002-nosiro1944_18.jpg
 艦載機作業甲板の取り付け
 昔、タミヤの阿賀野型を製作したころには、この部分の形状がイマイチよくわからなくて、結構悩みました。今では、各艦の形状が詳しくわかっていて良い時代になったものです。「能代」の竣工時ではネームシップの「阿賀野」と同様の形状だったようで、作業甲板上がリノリウム貼り、魚雷発射管上部も甲板で覆われていたようです。最終時のレイテ沖海戦頃には、艦の重量軽減策として画面のように発射管上部が撤去されていました。キットでは最終建造艦「酒匂」と同様の形状をしていますが、どの部分が撤去されたかどうかは詳細不明のようですね。昔発売されていた艦スペ19号では、中央部分を撤去した可能性が高いと書いてありました。

 水上機の予備フロート取り付け
 煙突両舷には水上機用の予備フロートが備わっていたようです。きちんと色分けして取り付けました。

 舷側の兵員待機所取り付け 
 タミヤの「矢矧」では、この部分が設定年次において形状不良だったようで、正しい形状がよくわかりませんでした。「能代」でも竣工時と最終時では形状が異なっているようで、竣工時には艦載機作業甲板にあった高射指揮装置が舷側の兵員待機所上部に移設されています。

002-nosiro1944_19.jpg
 だいぶ出来上がってきました。フジミの特シリーズは、細かいパーツを取り付けるので、製作時のストレスは多大ですが、完成後の姿はパーツの存在感が大きくて映えます。

 機銃類は個人的な好みでピットロードの旧艦船装備品に交換しています。


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR