軽巡「能代1944」 建造日記 08

皆さん、こんにちは。

 熊本の地震、ひどい状況ですね...。 被害に遭われた方々にお悔やみ申し上げます。

 さて、我が第二船台の「能代1944」、完成間近となってきました。

002-nosiro1944_20.jpg
↑ 主砲、機銃の取り付けを行い、艦載艇の装備も終了...。あとは、マストおよびクレーンの製作と艦載機の水偵を製作すれば完成です。

 やはり、軍艦は主砲を取り付けるとグッと引き締まって見えます。

002-nosiro1944_21.jpg
 艦首部分の状態。タミヤの古参キットと比べるとモールドが密になっていて映えます。但しパーツ同士の合いが悪いので、組立にストレスが溜まります。

 主砲塔は、下部パーツもきちんと再現されています。二番砲塔には測距艤が付きますが、砲塔天蓋裏に隠し穴モールドがあり、開口して取り付けるようになります。

002-nosiro1944_22.jpg
↑ 航空機作業甲板付近。呉式二号五型カタパルトは、二番艦「能代」から搭載されたもので、一番艦の「阿賀野」はより大型の一式二号一一型カタパルトを搭載していました。「阿賀野」のものは「能代」のものより高性能のもので、より連続射出が可能であったようです。

 ちなみに、航空作業甲板の形状は、四番艦「酒匂」のものと同一形状ですが、これはフジミさんの解釈によるもので、実艦では異なる可能性もあります。また、竣工時はリノリウム貼りだったので、リノリウム甲板だった可能性もあります。

002-nosiro1944_23.jpg
 艦尾部。三連装機銃は個人的な好みによりピットロードの旧シリーズ艦船装備品に換装しています。本キットの三連装機銃は銃身が長すぎるため、少し大きいのがネックです。


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR