「三笠1904」 建造日記01

 皆さん、こんばんは。 

 腰痛が長引き、苦労しています。

 先日の12月8日で真珠湾攻撃から75年を迎えたそうですが、我が造船所では当時の五航戦「翔鶴」と「瑞鶴」は今だに建造していませんし、二航戦「飛龍」もアオシマの旧キットのみの建造で、ハセガワの新キット「赤城」も建造中...。 南雲機動部隊の編制はいつのなるやら...。

 さて、本日は船台に乗せたままの戦艦「三笠」を少し建造しましたので、ご報告いたします。では、第一船台長よりの報告です。

 …報告、我が船台の「三笠1904」(黄海海戦時仕様)は、艦体の組み立てと艦底パーツの塗装を実施しました。

01_mikasa1904_00.jpg
 BOXアートは、「赤城」新キット、天龍型軽巡新キットなどを描いておられる加藤単駆郎氏の作品。今回も動きがある構図で、独特の色彩がリアル感を醸し出しています。
 
01_mikasa1904_01.jpg
 キット内容は、こんな感じ。明治の戦艦は、全長が太平洋戦争中の駆逐艦くらいしかないので、パーツは少なめです。艦体パーツは左右分割、艦底パーツは舷側が表面に現れる標準的なもの。

01_mikasa1904_02.jpg
 艦体パーツは左右分割のゆがみを防ぐため、三つのパーツで左右を接続する形になっています。艦底パーツにはシリーズ定番の錘を接着しています。このキットには錘がきちんと付属していました...、個人的に嬉しい限り。この艦底パーツには縦に溝が6箇所掘られていますが、これが何を意味するのか不明です。開発段階で、初めは縦隔壁パーツにて艦体を接続する予定だったのかな?

 しかし、明治艦は乾舷が低いですよね~。これで戦艦なんだから驚きです。乗員もさぞ波を被ったことでしょう...。

01_mikasa1904_03.jpg
 艦底パーツはいつもどおりエアブラシで吹き付け塗装しました。



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR