フジミ旧キット「龍驤1941」 建造日記 5

皆さん、こんばんは。

 ここ数日、雨模様...久しぶりにまとまった雨です。しかし...、毎年桜の満開時期になると雨風が強くなるのはどうしてかな? サクラの美しさは儚い...のが良いところですかね...。

003_ryuuzyou1941_F12.jpg
↑ 左舷側各層の甲板パーツを取り付け。パーツは金型劣化でかなりよれよれです。整形に苦労しました。

 今回、何となく艦体の大きさから呉工廠グレーを使用したのですが、キットの生地が濃いグレーなので下地色が見えてしまうのが気になります。呉工廠グレーを選択したことが失敗と感じました。 そういえば...、艦体は青葉型重巡なのだから、我が造船所では横須賀海軍工廠とすべきだったと後悔しています。

 …でも、以前製作した旧キットは横須賀海軍工廠グレーだったので違いを見せるには良いですし、中々好きな色合いなので、気に入っている部分もあります。

003_ryuuzyou1941_F13.jpg
 艦体側面の外舷通路は艦首部分を除き、リノリウム塗装しました。実艦ではどうだったのか...不明ですが、模型的には映えます。

 右舷側の機銃スポンソンパーツも艦橋脇のパーツ以外は取り付けました。いやぁ~、パーツの整形に苦労しました。バリとヒケが多すぎです...。

003_ryuuzyou1941_F14.jpg
 第一煙突はパーツ上部に大きなヒケがあり、パテ埋めして整形しました。その際、モールドをすべて削ってしまったため、伸ばしランナーにて再現しています。作業はあくまで苦にならない程度で済ませています。中途半端な作業ですが、ご了承ください。

003_ryuuzyou1941_F15.jpg
 後部飛行甲板支柱と艦尾甲板の取り付け。艦尾の甲板支柱は伸ばしランナーのように細い棒状のパーツ4つを取り付けますが、中々バランスよく取り付けは出来ないのです。この苦行は以前製作したキットで味わったものを覚えていました。

 艦尾飛行甲板支柱パーツは、金型劣化が極まり...、形状がボロボロです。簡単な整形のみ行っていますが、新キットに移行した理由もわかる気がします。



艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR