「北上1942」建造日記 2

皆さん、こんにちは。

 ここのところ、五月晴れの良い日が続いています。…でも少し暑いかなぁ...。

 さて、本日も第二船台長の報告です。

 報告、我が船台の「北上1942」は、塗装を踏まえて主要パーツの組み立てを行いました。

002_kitakami1942_02.jpg
 このパーツ、艦体パーツへ取り付けはダボによるものなのですが、艦体側のダボ受け穴が大きすぎるので、位置決めが曖昧です。また、張り出し部のパーツの取り付けラインが目立つのがネックですね。

 前回の説明で、艦体パーツは喫水線が再現されていないといいましたが、よく見るとこの艦体パーツは喫水ラインのモールドが再現されていました。

002_kitakami1942_03.jpg
 前楼パーツと後部マストパーツ。後部マスト下段の探照灯パーツ取り付け以外はすべて製作済みです。球磨型は複雑な前楼形状をしていますが、細かい部品割りで再現されています。特に作り憎い印象はありませんでした。

002_kitakami1942_04.jpg
 画面左より、第一煙突、第二煙突、第三煙突となります。第二、第三煙突は第一煙突より短いのがわかりますね。

002_kitakami1942_05.jpg
 艦橋構造物基部と後部操舵室基部パーツ。塗装を考慮して艦橋パーツは未完成です。艦橋パーツの測距儀パーツの細かさに驚きましたが、その割に全体的にパーツのモールドがだるい表現なのが気になります。

002_kitakami1942_06.jpg
 旧日本海軍が誇る、酸素魚雷を片舷20射線発射できる必殺の兵器として改装された「北上」でしたが、太平洋戦争の頃は進化した高性能の航空機による三次元の立体戦に変化し、艦隊同士が戦う二次元の戦闘機会が激減してしまいました。よって、「北上」を使用した戦術も卓上での理論となって、無用の長物化してしまったことは、色んな書物などで言われていますね...。

 私は、WL限定版をあまり購入しないようにしていますが、このキットは以前製作したピットロードのキットと違い、魚雷発射管にシールドを付けたものを再現しているため、購入しました。…メーカーの思惑にまんまとハマった状態ともいえます...。

 この発射管シールド、昔はフルシールドと言われていて重雷装のレジンキットでは陽炎型のものがついていました。ピットロードのプラキットが発売された頃には、シールド無しというのが新考証だったと記憶しています。その後、学研の本により最新の考証による簡易シールドの形状を装備していたことが発表され、当時大いに驚いたものです。

 このキットはこの簡易シールドを再現した初めてのプラキットなのです。これが、個人的には最も魅力的な部分でしたので、迷わず購入しました。確か、先行発売されていた「大井」の高速輸送艦仕様のキットでも同封されていたように思えます。

 このシールドパーツの取り付けが、結構難しく感じました。発射管にうまくフィットしないのです。発射管に対して水平と垂直の位置決めをする必要があります。

 …しかし、改めて思いますが、航空機が発達した時代ではこういう艦の運用方法は難しいでしょうね。なんたって、上空から狙い撃ちされたら誘爆するものが沢山艦上にあるのですから...。


艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR