「北上1942」建造日記 3

皆さん、こんにちは。

寒暖差がありますね~。体がだるいです。しかし、日中は暑いなぁ...。先が思いやられる...。

さて、第二船台長の報告です。

報告、我が「北上1942」は艦体の組み立てと、上甲板の塗装を行いました。

このキットにはシリーズ定番の錘が入っているのですが、錘を固定するのは上甲板パーツです。少し不安でしたが、錘がキチンと固定されるので安心しました。

002_kitakami1942_07.jpg
 このキット、驚いたことに艦体上面の甲板パーツは一体成型です。長船首楼甲板ですが段差部で分割されていません。中々やるなぁ...と感心しました。

002_kitakami1942_08.jpg
 艦体中央の舷側へ突出した部分は艦首側のみ別パーツとなっていて、これと艦体パーツおよび上甲板パーツの合いが今一つなので、取り付けには苦労しました。このブルワーク付のパーツを私は最初に艦体へ取り付けしてしまい、その後に上甲板パーツを取り付けたためにパーツの上面である滑り止め甲板に段差が出来てしまい、泣く泣くパーツ取り付けをやり直しています。

画面の印があるパーツは上甲板パーツを艦体へ取り付け後に取り付けましょう。

パーツ割りの部分が目立つため、パテ埋め中...。


002_kitakami1942_09.jpg
 魚雷運搬用軌条は少し太いモールドですが、これが筆塗する私にはかえって好都合です。

ほぼ、塗装を終えた段階。艦底色を塗り、舷側窓に墨入れすれば完了かな...。


艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR