「北上1942」建造日記 6

皆さん、こんばんは。

 日々の忙しさと暑さで...、ちっとも建造意欲が湧かない今日この頃です...。

 さて、チマチマと建造していたアオシマの重雷装艦「北上1942」は、やっと完成しました!!

 では、第二船台長の報告です。

 報告!我が船台で建造中の「北上1942」は、無事に竣工しました。

 このキット、シリーズ定番ではなく限定販売キットということで、個人的にはシリーズ限定キットをあまり購入しない方針なのですが、僚艦「大井」の定番キットでも再現されていない魚雷発射管シールドを再現したキットだったために購入を決意しました。

 先行発売していたピットロード(PT)のキットにおいても、このシールドは再現されていません。もっとも、PTキット発売頃ではシールドが有無や形状が不確定だったので、PTは竣工当時のシールド無し状態で発売したものと推測します。

002_kitakami1942_16.jpg
 前部マストの製作と取り付け
 説明書ではマストパーツは別に組み立ててから艦体に取り付けるように指示されていますが、私はこの指示どおり行ったところ、パーツの歪みを生じてうまく艦体に取り付けることができませんだした。

 泣く泣く、パーツをバラシして主柱と支柱の角度調整を行いました。主柱と支柱のパーツを初めに艦体に固定させてから上部を組み立てるのがお薦めです。



 後部マストの製作と取り付け
 後部マストも歪みを生じやすいので、下部パーツより艦体に取り付けてから上部パーツを取り付けることをお勧めします。特に中段の探照燈甲板パーツの水平を取るのに苦労させられます。

002_kitakami1942_17.jpg
 艦載艇とボートダビットの取り付け
 艦橋直後のボートダビットは左右でパーツ番号が異なっており、同形状ですが不足分を別ランナーにて追加しているため、微妙に異なる形となっています。 個人的にこれが気に入らなかったため、艦尾のボートダビットと交換しました。艦尾のものは艦載艇が左右で異なるために目立たないと考えたからです。

 この艦尾ボート甲板は、先行販売していたピットロードのキットではリノリウム表現はされていませんでした。但し、説明書には元乗組員の証言によりリノリウムが貼ってあったことが紹介されています。

002_kitakami1942_18.jpg
 左舷前方からの眺望。片舷5基の四連装魚雷発射管が異様さを表しています。

002_kitakami1942_19.jpg
 結局、大規模な艦隊決戦が起きなかったことにより、活躍することができなかった重雷装艦ですが、雷装を減らし高速輸送艦として利用され、無駄にはならなかったので救われた艦ですね。

002_kitakami1942_20.jpg
 日本の軽巡は旧式が最後まで活躍せざるを得ない状況だったため、5,500t軽巡を14隻も保有していてよかったですね。

002_kitakami1942_22.jpg
 右舷艦尾方向からの眺望。細長い艦体が際立ちます。 

002_kitakami1942_23.jpg
 ピットロードのキットが発売される前までは、レジンキットしか存在しなかった重雷装艦。ウォーターラインシリーズで発売され、手軽に購入できるようになりました。良い時代になりました


艦船ランキング


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR