「龍驤1942」 建造日記 3

皆さん、こんにちは。

 日本列島を縦断し、各地に被害を与えた台風5号、我が家では幸いに被害が無かったのですが、最近の雨の降り方や突風は本当に怖いですね...。

 さて、停滞中の建造報告です。本日は第三船台長からの報告。

 報告、我が船台の「龍驤1942」は、艦体塗装作業から躓いてしまいました...。塗装は初めに呉工廠グレーで塗装。リノリウム甲板の色分けがやっと仕上がったところで“ふっ”と気が付いてしまいました。艦体は青葉型重巡を基に建造している「龍驤」だから、我が造船所では重巡色の横須賀工廠グレーでは?…と。

 もともと我が造船所では空母に特定色を定めていないため、全長で何となく艦体色を決めているのですが、大きさ的には呉工廠グレーでも良かった「龍驤」...、でも、艦体が青葉型重巡ということにこだわって横須賀工廠グレーで塗りなおしました。

 このため、二度手間となって建造工程の延滞を大きくしてしまいました。

003_ryuuzyou1942_05.jpg
 艦橋周りや前部両舷の指揮所の床面がリノリウム甲板か?鉄甲板か?で悩みましたが、模型的に映えるのでリノリウム塗装にしています。構造物が一体成型のため、筆塗はかなり苦労しました。なお、リノリウム塗装に関しては、特に根拠がありませんのでご了承ください。キットの組み立て説明書では、リノリウム塗装指示がまったくありません。

 艦尾上甲板付近や舷側の通路もリノリウム塗装しました。こちらは「赤城」や「加賀」を参考とするとリノリウム塗装されていたものと考えられます。

 キットの売りの一つである、格納庫甲板の再現を生かすため、内壁の一部を白色で塗装しました。(塗装は未完成。) 艦尾側のエレベーターは塞ぐ予定で艦首側のエレベーターのみ降下状態とする予定です。したがって、見える範囲のみ白塗装するつもりです。この白色塗装もとくに根拠がありませんが、「鳳翔」では格納庫が白く見える写真があったものと記憶しており、空母の格納庫の壁は白かったのではと個人的に思っています。

 このキット、国内生産キットにしては珍しく、剥離剤が残っているため筆塗に苦労しました。喫水板は艦底色で塗装し、舷側窓は0.5㎜のピンバイスで掘り直し、墨入れしています。


艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR