「早波1943」建造日記 01

皆さん、こんばんは。

 …雨ばかりの日々で、今年は夏から秋にかけて本当に晴天が少ない気象でした。なんかテンションも下がり気味です...。

 さて、第一船台では、引き続き駆逐艦の建造を行います。

001_hayanami1943_00.jpg
 ハセガワのウォーターラインシリーズで、40年ぶりにリニューアルされた夕雲型駆逐艦。40年間も放置された駆逐艦のリニューアルということで、シリーズにおける駆逐艦の存在がいかにわき役だったことを物語っています。最近の艦これブームによって、やっと完全リニューアル化されました。

 箱は、シリーズ初期でいえば巡洋艦クラスの箱の大きさとなりました。まだリニューアルパーツが付属していない頃の高さが低いころの箱サイズです。このため、駆逐艦専用のキャラメル箱仕様でなく、蓋箱と底箱で上下に分離する通常の仕様になっています。

 BOXアートは、最近のハセガワ製ウォーターラインシリーズではお馴染みの、加藤単駆郎氏のもの。同氏のアートはリアルさが売りのように感じられますが、個人的には色彩がもう少し鮮やかな画風の方が好みです。

001_hayanami1943_01.jpg
 キット内容。ハセガワの取説は大きいのが特徴ですが、個人的に狭い環境で製作するため、邪魔になることが多く、あまり印象がよくありません。

 天龍型軽巡キットの建造時に「当初は錘の付属を予定していた...」なんてコメントを書きましたが、このキットでも錘の付属はなく、どうやら「好みで別途調達してください...」的なことのようですね。シリーズ当初の特長が無くなって残念です。今回は、別途ストックの山積みより調達することにしました。

 画像左上のランナー3枚は同じもので装備品をまとめたランナーです。なので、パーツはそれほど多くないのがわかります。袋詰めのものは主砲塔パーツ。ハセガワのキットパーツはこれらが一枚の袋にまとめて詰まっているのが特徴。アオシマのようにランナー一枚一枚が個々の袋詰めとはなっていません。

 一番気になったのが艦首先端の形状。一体成型で細く再現されているのは驚きますが、クリッパー型艦首のようで、独特のダブルカーブドバウにはなっていない気がします。どうやらバリとの境界がわかり辛くなっていて、整形に躊躇します。

 艦名デカールが付属しているのは、個人的には嬉しいです。今後、バリエーション展開して後期艦や大戦末期の対空機銃増備型の「朝霜」などを発売するのかな?


艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR