FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大鯨1940」建造日記 01

皆さん、こんばんは。

ゴールデンウィークも後半となりましたが、私にはないものなので、うらやましいですね...。しかし最近の暑さにはまいります...。…すでに夏バテ気味...。

 さて、第二船台にて建造中だった「大鯨SP」キットの付属、伊8潜水艦も無事に竣工し、本命の「大鯨」の建造に取り掛かります。船台を変えて第一船台にて建造することにしました。

 では、第一船台長からの報告です。

 報告、長らく休止中だった我が船台は、潜水母艦「大鯨」の建造を開始します。

 「大鯨」というと空母「龍鳳」の前身というのは、“艦これ”が流行った現在では結構有名になったことと推測します。「大鯨」の後身である「龍鳳」は準同型艦の「瑞鳳」や「祥鳳」に比べ、活躍が地味だったこともあり、また純粋な同型艦は存在しないため、プラキットとしては発売されてこなかったのですが、なんせ近年の艦船模型ブームによりマイナー艦の発売が活発化し、現在ではフジミとピットロードから飛行甲板延長前後の二種類が発売されています。

 我が船台においてもフジミ製キットの飛行甲板が短いバージョンを竣工させおり、一昔前にはレジンキットがほとんどであった旧日本海軍の軽空母が、現在では「神鷹」以外すべてプラキットで揃うという状態は、何とも驚くべき状態というか...嬉しい状態というか...、感無量です。

 こんな状態でも驚いているのにウォーターラインシリーズのアオシマでは「龍鳳」の前身である「大鯨」をプラキット化し、シリーズに加えてきました。近年のアオシマはキットの開発費を稼ぐため、スペシャルバージョンなどの限定キットを先行発売し、最後に定番品を発売する商法をとっていて、「大鯨」も色々な限定キットが発売されました。我が造船所ではこの限定キットのうち、伊8潜水艦キットが付属するスペシャル(SP)バージョンキットを購入。早速、建造に取り掛かります。

 …しかし、ピットロードのレジンキットしか知らなかった時代が長かったので、感無量ですね...。

002_taigei1940_00.jpg
 BOXアートへのコメントは伊8潜の建造時と被りますが、シリーズを30年以上支えてきた上田毅八郎氏のもの。ご本人は亡くなられてしまいましたが、アオシマでは現在でも上田氏のアートを製品のBOXアートに使用することがあります。

画面に奥行き感があって、良い作品だと思います。

002_taigei1940_01.jpg
 画面は付属の伊8潜パーツを除いたキット内容です。フジミのキットに触発されたのか、塗装しなくてもある程度雰囲気ができるように、色付きのランナーが混入されています。艦首側の上甲板はリノリウム貼りバージョンと木張りバージョンの二種類が用意されており、選択式になっています。

 個人的に検索した結果、板張りのように感じたので、板張りパーツを使用する予定です。

 また、最上甲板の飛行甲板部分右舷側のカタパルト基部は、ストリップ付きの鉄甲板表現ですが、ここはリノリウム貼りが正しい?ようなので、修正する予定でいます。そのほか、詳しく調べると細かな箇所で実艦と異なる部分がありますが、建造意欲減退に繋がるため、知らなかったことにします...。

002_taigei1940_02.jpg
 艦体パーツは左右分割で、3つの梁で歪みを抑える構造になっており、左右艦体側面パーツで艦底パーツを挟み込み強度を高めてさらなる歪みを抑える形でした。

 残念ながら、艦底パーツと艦体パーツの合わせが悪く、仮組を数回して艦底板を加工しないとうまく組み合いません。また、この組み立てだと側面から眺めたときに艦底色が見えないため、個人的な不満により新たに0.5㎜のプラ板を艦底に貼り増しして艦底を再現しました。いつもプラ板の切り出しと整形に苦労させられる作業なのですが、どうしても艦底色ラインを再現したいので作業を行いました。

 舷外窓は艦首尾先端下部に進むほどモールドが甘くなっていますので、0.5㎜ピンバイスでさらいました。

 画像では、付属の錘板も取り付け、艦首錨鎖甲板も取り付けた状態となっています。

002_taigei1940_03.jpg
 艦尾側バルジ上の舷外窓
 バルジ上に窓は無いと考えられるので、モールドを埋める予定。

002_taigei1940_04.jpg
 艦首側のバルジ上舷外窓
 こちらもバルジの始まりにモールドされた窓があります。疑問なので、埋める予定。…もしかすると、性能改善工事前でバルジが付いてなかった頃の舷外窓図面を参考にモールドをしたのかな?


艦船ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
プロフィール
軍艦をこよなく愛する中年男子ですが、戦争は嫌いです。

軍艦大好き

Author:軍艦大好き

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。